デニム着こなし向上委員会 vol.3 ボーイッシュなハーフパンツ

デニム着こなし向上委員会 vol.3 ボーイッシュなハーフパンツ

"超"がつく定番品だからこそ、デニム選びにはちょっとしたアイディアが必要だ。スタイリスト&ライターからなるデニム向上委員会が、スタンダードアイテムを簡単にブラッシュアップさせる着こなしを毎月提案。旬なアイテム、デニムブランド、スタイリングをご覧あれ!


今月のルール

ボーイッシュなハーフパンツを品よく着る

 

暑い日が続く8月。デニムを着るにしても、丈が短いものに自然と手が伸びる。今月、紹介するのは、〈POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)〉のハーフパンツ。去年までは、ハイウェストのショートパンツが主流だったけれど、今季気になるのは少年が履いていそうな少し丈が長いハーフパンツ。裾に入ったクラッシュも、丈が短すぎないから品がいいカジュアルスタイルにまとまる。真夏のスタイルとしてGINZAレディにお勧めだ。
ginzadenim
ラフになりがちな、デニムのハーフパンツとTシャツのコーディネイト。トップス選びには注意が必要だ。前から見ると一見シンプルなデザインのTシャツも、バックスタイルはキュッと結ぶフェミニンなアイテムを合わせよう。足元はメッシュ素材が涼しげなチャンキーヒールのミュールを。バッグやアクセサリーに肌なじみの良い色のメタリックなアイテムを選ぶと、日差しに反射して夏らしさを演出できる。

ginzadenim02

Tシャツ¥21,000(ジョンリンクス|jonnlynx.jp/index.html)/デニムハーフパンツ¥15,000(ポロ ラルフローレン|ラルフ ローレン0120-3274-20)/サンダル¥53,000(ラグ&ボーン|ラグ&ボーン表参道03-6805-1630)/バッグ¥90,000パコ ラバンヌライラヴィンテージ03-5468-5966)/ピアス¥27,000(モンド モンド|mondo-mondo.com


 

8月のデニム
オーセンティックなハーフパンツ

 

"ザ・アメリカンクラシック"を若々しく体現する〈ポロ ラルフローレン〉。トレンドに応じたハーフパンツも、デザインはあくまでベーシック。ストレートデニムをカットオフしたような直線的なシルエットは、流行に左右されない普遍性を持つ。

_DSC7308r

 

_DSC7310r


Photo: Hidemasa Miyake Styling: Masako Ogura Hair&Make-up: Yousuke Toyoda Model: Elena Hazuki Text: Aika Kawada

 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)