SEARCH GINZA ID

自由なDENIM♡LOVERS 清水亜樹さん

自由なDENIM♡LOVERS 清水亜樹さん

貴重なヴィンテージに自身の“歴史”を日々刻み込む、生粋のデニムラバー。色落ち具合はもちろん、傷、擦れ、ペイントなどのダメージはすべて思い出や愛情の証なのだ。


清水亜樹/MALION vintage デザイナー

「デニムだから、こうじゃなきゃいけないと決めつけるのは嫌だ」

その向き合い方について、清水亜樹さんはきっぱりと語る。

「自分の気分に素直でいたい。だから、デニム単体で〝可愛い〟と思えるかが何よりも大事。〝表情〟が気に入れば、2インチアップでもウエストをグッと絞ってはいています」

なかには、15年超の愛用品もある。

「〝自由〟とはいえ、好みのシルエットはある程度決まってきました。ジーンズはほぼハイウエスト。それと、スッキリしたオーバーオール。デザイナーって意外と肉体労働で、古着などの素材を自ら検品したり、重い荷物を運んだりします。だから、作業の日は必ずデニム。とにかく、タフで動きやすい。ポケットが多い〈キャント バステム〉の白いオーバーオールは特にそう!50年代のもので、おそらく女性用ではなく、子どもも着られるメンズだと思います。それが、着てみたらピッタリ。即決で購入しました。たとえ市場価値が高いと言われるものでも、大事に飾るよりワードローブにする派なので、汚れても破れても、それも〝マイ・ヴィンテージ〟と前向きに受け入れています」

自由なDENIMLOVERS♡LOVERS 清水亜樹さん 

先人から受け継いだ一本に、自分だけの価値を見出しているのだ。

「何を合わせてもサマになるところも好き。カジュアルになり過ぎないようにブラウスを合わせることが多いですね。新品もあるけれど、クローゼットの前に立つと結局、着古して体になじんでいるものを選んでしまいます」

 

自由なDENIMLOVERS♡LOVERS 清水亜樹さん 

腰まわりに刺繡などのアクセントが入っているものが、特に好み。ノーブランドからUSネイビーまで、70sを中心にハイウエストジーンズ4本を着まわす。

「これは完璧」というフレアシルエットは15年愛用。

自由なDENIMLOVERS♡LOVERS 清水亜樹さん 

縦横に伸びる、〈armor jeans〉のストレッチジーンズ。身頃のシームで縦のラインを協調した、タイト&フレアのシルエット。タフなうえに、のび〜る70sヴィンテージ

自由なDENIMLOVERS♡LOVERS 清水亜樹さん 

とにかく見た目が可愛い!選ぶ基準はそれのみです

清水亜樹 しみず・あき

1983年兵庫県生まれ。2022-23AWはランウェイ形式でコレクションを発表。自身の生まれ年より古い服をヴィンテージと捉え、古着ライフを楽しむ。

Photo: Shinsaku Yasujima Text: Keiichiro Miyata

GINZA2022年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)