SEARCH GINZA ID

〈ディオール〉始まりの地パリに新装ブティック。メゾンの歴史をたどるギャラリーも

〈ディオール〉始まりの地パリに新装ブティック。メゾンの歴史をたどるギャラリーも

〈ディオール〉のパリ・モンテーニュ通り30番地のブティックが、ついにリニューアルオープン。ギャラリーも併設され、新たなモードの聖地となっている。


パリ・シャンゼリゼからほど近い、モンテーニュ通り。ここにブティックを開きたいと強く願ったのは、ムッシュ ディオールその人だった。そうして、ナポレオン1世の子・ヴァレフスキ伯爵が1865年に建てた邸宅が、1947年、勃興するモードの揺りかごに生まれ変わった。

ほどなくして、「ニュールック」や香水「ミス ディオール」など、今に通じる美のアーキタイプがここから産み落とされた。30 モンテーニュのブティックはまさに、女性の新たな夢を描く「夢の王国」だったのだ。それから75年。約2年の改修期間を経て、王国は進化系となって戻ってきた。

30 モンテーニュ

歴史あるファサードが修復され、建築は「パリらしさ」で溢れている。内装は現代的でありながら、職人技が光り、〈ディオール〉の原点を感じさせるデザインに。プレタポルテやレザーグッズ、ビューティやメゾンコレクションの空間が、それぞれ開放的かつ有機的に連なっていく。さらにはカフェやレストラン、そして庭園も設けられ、まさに五感でエレガンスを堪能できる。

そしてこの新しい王国は、夢を売るだけでなく、「夢の秘密」をも見せてくれる。オートクチュール文化とメゾンの歴史を展示する「ラ ギャラリー ディオール」だ。

はっとするようなカラフルなインスタレーションに囲まれているのが、ギャラリーの入り口。コレクションピースをミニチュアにして、色合いごとに並べたものだ。色彩の広がりが螺旋階段のカーブと重なり、ファッションの躍動を表現しているようにも見えてくる。

歴代デザイナーが引き継いできたのはどんなエッセンスなのか。ムッシュが描いたフェミニニティはどう変わり、また変わらずにきたか。美しいドレスの眼福に浸りながら、モードについて思考できる場所だ。

各階には、ムッシュのオフィスやキャットウォーク前の支度部屋「キャビン」を再現したものなど、30 モンテーニュならではのリアリティに満ちた展示。そこに、あくまでモダンで、ときに挑戦的ですらあるセノグラフ(空間演出)が重なる。ギャラリーといっても、ここには美術館のようにいくつもの部屋が作られ、それぞれ違う方法で美しいストーリーを紡いでいる。訪れた人がみな、お気に入りの部屋を見つけられるように。

メゾンの原点である30 モンテーニュは、まるで光を受けたプリズムのように、〈ディオール〉の多彩な世界を映し出す。さらに覗き込むと見えてくるのは、21世紀の新しい美と女性像だろう。

【〈ディオール〉30 モンテーニュ】

【ブティック】
住所: 30-32 avenue Montaigne, Paris
営業時間: 10:00〜20:00(月曜・日曜は11:00〜)
Tel: +33 1 57 96 19 47

【ラ ギャラリー ディオール】
住所: 11 rue François 1er, Paris
営業時間: 11:00〜19:00(最終入館は17:30)
休館日: 1月1日、5月1日、12月25日
入館料: 12ユーロ(10歳から26歳・学生・教職は8ユーロ)
Tel: +33 1 82 20 22 00
*入場にはHPからの予約必須。

「ラ ギャラリー ディオール」日本語ホームページ

〈ディオール〉公式ホームページ

 

Photo: ©KRISTEN PELOU Text: Motoko KUROKI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)