SEARCH GINZA ID

ディオールと日本の絆にスポットライトを当てる。東京都現代美術館で展覧会が開催!

ディオールと日本の絆にスポットライトを当てる。東京都現代美術館で展覧会が開催!

世界を巡回してきた「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が、ついに日本にやってくる! 会期は、2022年12月21日(水)から2023年5月28日(日)まで。


パリ装飾芸術美術館、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館、ニューヨークのブルックリン美術館…と、世界を巡回してきた本展覧会。東京では、清澄白河にある東京都現代美術館が会場として選ばれた。

今回、特別に日本に向けて展示内容を再構成。ディオールと日本の絆がメインテーマの一つとなっている。空間演出は、OMAのパートナーでもある建築家 重松象平氏が、日本文化へのオマージュを込めてデザイン。幻想的なメインヴィジュアルも、日本人写真家・高木由利子氏が今回のために撮り下ろしたものだ。

フロランス・ミュラー氏がキュレーションを手がけ、創設者クリスチャン・ディオールをインスパイアした芸術、彼の庭園に対する愛、ディオールのコレクションに初期から影響を与えていた日本の豊かな創造性などにスポットライトを当てる。中には東京都現代美術館が所蔵する貴重な作品なども含まれるそうで、展示されるアーカイブ資料のほとんどが初公開になるというから楽しみだ。

そのほか、クリスチャン・ディオールから始まり、イヴ・サン=ローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、ジョン・ガリアーノ、ラフ・シモンズ、そしてマリア・グラツィア・キウリまで、歴代のクリエイティブ ディレクターたちが考案した作品が集結。ディオールを語る上で欠かせない〈バー スーツ〉をはじめ、〈レディ ディオール〉、そして〈ミス ディオール〉や〈ジャドール〉といったフレグランスまで、ディオールの歴史と創意工夫をさまざまな角度から堪能できる、またとない機会だ。

「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展の会期は、2022年12月21日(水)から2023年5月28日(日)まで。

「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展

会期: 2022年12月21日(水)〜 2023年5月28日(日)
休館日: 月曜日(1月2日(月)、1月9日(月)は開館)および12月28日(水)〜1月1日(日)、1月10日(火)
開館時間: 10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
会場: 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1 東京都現代美術館 企画展示室 1F/地下2F
主催: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術
特別協力: クリスチャン ディオール クチュール
お問い合わせ先:  東京都現代美術館  050-5541-8600(ハローダイヤル/9:00〜20:00 年中無休)/03-5245-4111(代表)

詳細ページ

Text: GINZA Photo: ©Yuriko Takagi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)