SEARCH GINZA ID

両方欲しいけど選ぶなら…どっち?ヴェンツェルのミニバッグ

両方欲しいけど選ぶなら…どっち?ヴェンツェルのミニバッグ

日々ファッションに向き合うGINZAスタッフが今リアルに欲しいものをご紹介。買い物に迷いはつきもの。で、迷う時間もまた楽しい。いつもの私でいくか、ちょっと冒険してみるか…どっちがいいかな?


トレンドに左右されない〈Venczel〉のバッグ

Venczel バッグ

普遍的なデザインを目指すブランド〈Venczel〉のバッグ。馬具から着想を得た技術でしっかりと形づくられた佇まいは、まるでアートピースのよう。そこにシンプルさが掛け合わされて、どんなファッションにも取り入れやすいのもその魅力だ。洗練されていながらも、大胆なつくりでインパクト抜群だから、いつものスタイルをアップデートしてくれるはず。クラッチとショルダーはジュエリーブランド〈Noon Passama〉と初めてコラボレーションした2019-20秋冬コレクションで登場。さてさて、どっちが欲しいかな。

 

ポイントになるクラッチバッグ!

手に触れる時の感覚まで想像しつくることから、持ちやすくできたクラッチバッグ。上質なベジタブルタンニンなめしのレザーとハンドメイドにより、なめらかなディティールが実現。服に溶け込むようなデザインとパッと目を引く鮮やかな赤が素敵だね。

 

普段使いに適したショルダーバッグもいいな

使い勝手のよいショルダーバッグも譲り難い。よく見ると歪んだ平行四辺形のような絶妙なフォルム。パラジウムの鉄器がついたストラップ部分は長さが調節できるから、肩からかけるのはもちろん、ベルトのように腰につけることも。個性を光るアイテムは存分に目立たせたい。

クラッチバッグ(H17×W27×D11㎝) ¥118,000、ショルダーバッグ(H11×W26×D5㎝) ¥92,000 、(共にヴェンツェル|アデライデ)03-5474-0157

セレクト: スタイリスト 杉浦さん

「この前、久しぶりに水彩絵の具で絵を描いたら、楽しくて。それから、たまに描くようになりました。癒されるひとときです」

Photo: Natsumi Kakuto Styling: Kanako Sugiura Edit: Aguri Kawashima Text: Nico Araki 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)