dosa『Beni Pink』ピンク色に染まった「AT THE CORNER by ARTS SCIENCE」

dosa『Beni Pink』ピンク色に染まった「AT THE CORNER by ARTS SCIENCE」

 

東京・表参道「AT THE CORNER BY ARTS & SCIENCE」にて、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動する〈dosa〉のインスタレーション『Beni Pink』が開催中。

 

“Beni PINK”をテーマに、〈dosa〉の鮮やかなピンクコレクションが豊富にラインナップすると聞き、早速現場に直行したY。

ギャラリーに到着すると真っ先に目に飛び込んでくるのは、鮮やかなピンク!ピンク!ピンク!

 

IMG_1677

(外に向けて、ピンクが発光していくようなイメージでディスプレイしたというギャラリー内。)

 

日本で〈dosa〉のコレクションがここまで揃うことはなかなかに珍しい!

それにしても、どこもかしこもピンクだなんて、なんともウィットに富んだ空間です。

ギャラリーのあちらこちらに配置された写真には、布をピンク色に染色する過程の風景が写し出されていました。

 

IMG_1673

 

今回のインスタレーションの主役は、日本が誇る『紅花染め』。

 

紅花・草木染めを継承する草木染め研究家であり、染色工芸家の山崎和樹氏とのワークショップを企画し、そのレポートを通して、『紅花染め』の素晴らしさを広めるための試みでもあるのだそう。

 

興奮覚めやらぬ間に、来日したばかりのデザイナー、クリスティーナ・キムさんに直接お話を伺うことができました。

 

 

_いつ頃から『紅花染め』にご興味があったのでしょうか?

「わたしが染色研究家の和田良子氏に師事していた頃からなので、かれこれ20年前です。山崎さんとは昨年、メキシコで開かれた彼の講義に参加したのが最初の出会いです。時を同じくして、ソニアさんの『ピンクのイベントをやってみない?』というひと言から、この度のワークショップ開催に至りました。この体験は〈dosa〉アトリエのメンバーと〈A&S〉のスタッフが共同で参加することが一番の目的。このように新たな学びを経験することは、わたし自身が常に求めていることでもあるんです」

 

IMG_1671

(3日間のワークショップで制作したストール。シルクや綿など天然素材の生地を染色している。)

 

_”紅花”の起源は古く、中国のシルクロードを経て渡来したものだそうですね。

「紅花は漢方や薬膳にも使われ、活血作用があるといわれているエジプト産の多様な植物。そのためか、ワークショップの後、普段冷たい私の手は温かくなりました。紅花は見た目に華やかなだけではなく、花の色は肌にも反映し、女性の心と体も美しくさせます」

 

IMG_1666

(染めに使用されるドライの紅花。)

 

IMG_1665

(クリスティーナ・キムさん。ピンクの着こなしがとっても粋です。フィッティングルームのカーテンには彼女と親交のあるアーティスト、キャシー・クラインのパブリックアートプロジェクト「We Kiss」と〈dosa〉のコラボレーションによるファブリックも使用されています。

 

「ピンクは女性を表す特別な色。どんなピンクも好きですが、とりわけ発光するような存在感のある”BENI PINK”には強いパワーを感じるんです」

 

IMG_1680

 

現在、ベーシックラインの「スタンダードイシュー」を中心に、より魅力的な素材への探求やアート活動への参画を積極的に行っているクリスティーナさん。

独自の審美眼と世界の手仕事を知る豊富な知識を以て、彼女が作り出す新たな世界に今後も目が離せません!

 

イベントは23日(日)まで。

ぜひ、彼女の”BENI PINK”展を体感してみて。

 

 

場所:東京都港区南青山6-1-6 パレス青山109

時間:12時〜20時

休み:会期中無休

 

◯問い合わせ AT THE CORNER BY ARTS & SCIENCE ☎03-6418-7960

 

 


 

エディター 山本香織

もっぱらワードローブは地味ぃ〜な色ばかりですが、今回の取材を通してピンクに心ときめく自分を発見。まずはストールやバッグなどの小物から挑戦してみようかな。

 

Text:Kaori Yamamoto

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)