2017年にECで買いました!ECショッピング白書。

2017年にECで買いました!ECショッピング白書。

Share it!

2017年は、ファッション業界においてもEC化がぐっと進んだ1年。ECがより主要な買い物チャネルになったという人も昨年に比べて増えているのではないだろうか。そこで気になるあの人たちが”2017年にECで買ったモノ”を大調査。ECショッピング命!のDiFa編集部からお届け。

YOSHIKO MIYASAKA / DiFa編集長

BALENCIAGAのシャツ
ドリス ヴァン ノッテンのデニム
バーニーズニューヨーク×ビルケンシュトックのコラボサンダル

–購入したアイテムについて

1.BALENCIAGAのシャツ(2017年一番着倒したアイテム!)
2.ドリス ヴァン ノッテンのデニム(2017-18AWコレクションをチェックして一目惚れ。シルエットが美しすぎる究極の1本)
3.バーニーズニューヨーク×ビルケンシュトックのコラボサンダル(NYファッションウィーク中に市内でエキシビジョンが。発売を待ちに待ってオンラインでゲット。超レアなのが自慢なのはいいが、勿体なくてまだ履いてない)

–アイテムを購入したECサイトについて

1.BALENCIAGAの公式サイト(US)
2.saks fifth aveのウェブ
3.barneys.com(us)

–良く利用するECサイト、また、そのECサイトの魅力とは

1:好きなメゾンのサイトをパトロール→そのシーズンのメインアイテム決定
2:そのメインアイテムを探して海外のデパートやセレクトショップのウェブをパトロール→購入

というルーティーンを繰り返しているので、特にどこの何というのはない。とにかく何でも見る。手に入らないときeBayも見る。

–今、ECで購入を検討しているアイテム

CHARLOTTE CHESNAISのジュエリー。
前に販売されていたコレクションを探しているので、おそらくeBayすると思う。

–どんな時にECサイトで買い物する?

為替のレートがいいとき!なので、毎日為替のチェックは欠かしません(笑)。基本的に真夜中のショッピングは毎日の日課となっていいて、深夜0時〜1時がコアタイム。ブックマークしてあるショップは日々クルーズして、新作が入っていないかどうかチェック。そこで欲しいものがあれば一度カートに入れて、次の日の朝になっても欲しかったら購入。働く母としては、そこくらいしか買い物する時間がない&時間があっても限られるので、毎日の楽しみとなっている。(夜中にデパートを回ってる感覚ですね)一部の生鮮食品を除いて、もう生活のほとんどをECで済ませていると言っても過言ではないアディクトです。

–ECでのショッピングの魅力とは

世界のデパートが手の中に!
働くお母さんたちの憩いの場!
もはやライフライン

MOEKA SATO / DiFaアシスタントエディター

PONZ QUINTANAのレースアップシューズ
OAD NEWYORKのお財布
Marc by Marc Jacobsのパンプス

–購入したアイテムについて

1.PONZ QUINTANAのレースアップシューズ
2.OAD NEWYORKのお財布
3.Marc by Marc Jacobsのパンプス

–アイテムを購入したECサイトについて

1.YOOX イタリア発のファッションECモール
2.OAD NEWYORK公式のオンラインショップ
3.THE OUTNET イギリス発のファッションECモール

–良く利用するECサイト、また、そのECサイトの魅力とは

1.YOOX
商品数が非常に豊富でサイトも見やすい。そして、リーズナブル。サイトを訪れると何かしらキャンペーンをやっていて、更に、商品のレコメンドの精度も高いので、誘惑されてついつい買ってしまいます。海外なのに、配送が比較的速いのもポイント。日本倉庫に商品がある場合には購入日の翌々日に届くことも。

2.THE OUTNET
ネッタポルテのアウトレットサイトということもあり、セレクトされている商品がとても可愛いです。
日本で取り扱いのないアイテムが豊富なので、良く利用しています。

3.SHOPBOP
Amazonが運営するファッションECモール。何よりもの魅力は配送が早いこと。また、梱包ダンボールも可愛く、箱を開けると、内側がSHOPBOPのサイトのキーカラーであるオレンジ色になっています!

–今、ECで購入を検討しているアイテム

NYのセレクトショップ、「Frankie Shop」のオンラインストアで販売されているチェック柄のウールコート。ずっと狙っていますが、配送料が少し高いので検討中です!

–どんな時にECサイトで買い物をするか

欲しいアイテムのイメージは湧いているけれど、特にブランドにこだわりがない時。価格やカラー、サイズ、テキスタイル、テイスト、袖の長さなど、色々な条件で絞り込んで、その中から選ぶことが多いです。また、日本で販売されていない商品や日本未上陸のブランドのものは海外のECサイトで購入しています。
ファッションアイテムの他にも、本や雑貨、ガジェット、コスメまで、最近はなんでもECで買ってしまいます。

–ECでのショッピングの魅力とは

どんなときでも、自分だけの空間の中でじっくりと商品を吟味しながらショッピングできるところです!モール型のECサイトであれば、ブランドを横断して、ショッピングが出来、今まで知らなかった可愛いブランドを発見することもできます。


コンテンツ提供:Difa
https://www.difa.me/

DiFa提供コンテンツ

関連記事

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント