Farfetch, Awesome Shopping Experience 02 Licaxxx流スマートなECショッピングとは?

前回に引き続き、世界中のファッショニスタたちが夢中になっているファッションEC、ファーフェッチのショッピング体験をリポート! 移動中や休憩中にスマホでアイテムを掘るならファーフェッチのアプリがおすすめ。

「買い物欲が湧いてくるのは、断然、夜中が多いです。ベッドで寝転びながら、スマホで買い物するのが好き。服もそうだし、DJの機材やレコードなんかもオンラインで買います」

DJ、ラジオパーソナリティ、エディターとして様々なシーンで忙しく活動するLicaxxxさんは、昼夜逆転することも日常茶飯事。店舗で買うのも好きだけど、ゆっくり見に行けない日が多いので、オンラインでの買い物はライフスタイルに合っているのだとか。

 

メンズアイテムの着こなしはサイズ選びが命

「足元は9割スニーカーです。基本的にブラックの服が多いので、ミドルカット以上の白スニーカーには目がありません。〈メゾンマルジェラ〉の白スニーカーは、真上から見た丸っこいデザインが好きで即決。靴はボリュームを出したくて、いつもメンズの27センチくらいを選びます(実際のサイズは24.5)

この日羽織っていたジャケットも〈メゾンマルジェラ〉のもの。パンツは〈カラー・ビーコン〉。全身メンズでハンサムにまとめたLicaxxxさん。トレードマークの赤リップで女性らしさを入れるバランス感覚が秀逸!

「服も靴もメンズのシルエットが好きなので、オンラインで買う時は着丈や肩幅など、サイズを一番吟味して選びます。服だけじゃなく家具をネットで買う時も、家の隅から隅まで測って買い物に臨みます。届いてサイズがぴったりだった時の喜びといったら……もう!」

ファーフェッチの商品ページを見てみると、「フィッティングガイド」で写真のモデルの体型と着用サイズを確認できる。たとえ他国のサイズ表記がわからなくなっても、「サイズガイド」をクリックすれば世界各国のサイズ表が一覧で表示されるから安心だ。

 

憧れの〈ラフシモンズ〉が揃ってる!

SF好きのLicaxxxさんは、映画『ブレードランナー』をテーマにした〈ラフシモンズ〉の18SSコレクションを見てすっかり魅了されたという。映画の重要なモチーフでもある「REPLICANT」(人造人間)の文字が刻まれたチェーンブレスレットを見つけて、すかさずカートへ。

「(興奮気味に)〈ラフシモンズ〉の新作がこんなに揃っているECはないと思います!このブレスレットを見つけた時はテンション上がりました!アクセサリーは試着の必要もないし、オンラインで買うことも多いですね」

 

ブランド検索で欲しいものをいち早く見つける

「好きなブランドが決まっているから、まずブランド名で検索して、気になった物を『ほしい物リスト』にどんどん入れます。このアシンメトリースカートは〈サカイ〉の検索で見つけたもの。〈サカイ〉にはエレガントなイメージがあるけど、私は〈シーイー〉のパーカと合わせて崩して着るくらいが落ち着きます」

Licaxxxさんの「ほしい物リスト」をこっそり覗かせてもらうと。〈バレンシアガ〉のシャツや〈メゾンマルジェラ〉のワイドパンツ、〈ファセッタズム〉のコート、〈フィリップリム〉のバッグなどが並んでいた。しかし、すでに半数以上が在庫切れ!世界中のユーザーとの争奪戦はそんなに悠長なもんじゃない。買い物も、恋も、魅力的なものはすぐに誰かのものに……なんちて。

まさに編集の妙EDITORIAL」の質の高さ。

ファーフェッチのもう一つの魅力は「EDITORIAL」コーナー。雑誌の特集のようにトレンドキーワードやアイテム切りなど、膨大なアイテムを「編集」して見せてくれる。
「自分もエディターの仕事をしているので、つい見てしまうのは、ファーフェッチの特集です。写真も動画もセンスが良くて、これ、いいなあと思ったものがそのまますぐに買える便利さときたら!この前はシャツ特集に見入ってしまって、久しぶりにシャツを着ようかな、という気分に」

まだまだ寒さが続く季節、あなたもお家でファーフェッチDIG、どうですか?

 

www.farfetch.com

Licaxxx りかっくす

ジャンルレスにパーティーシーンを盛り上げる人気DJ。端麗な容姿と骨太なDJプレイとのギャップで多くのファンを魅了。J-WAVESONAR MUSIC」のパーソナリティ、雑誌でのコラム連載、WEBメディア「シグマファット」を立ち上げるなどマルチに活躍中。 @licaxxx1

Photo: Yuto Kudo Text: Satoko Muroga