SEARCH GINZA ID

【今日のファッションのお悩み】Q.実は“こなれ感”とか“ニュアンス”の意味がわかりません。

【今日のファッションのお悩み】Q.実は“こなれ感”とか“ニュアンス”の意味がわかりません。

Q. 実は“こなれ感”とか“ニュアンス”の意味がわかりません。


A. ベーシックアイテムを使って、とにかく無造作に!

「ベーシックをこれみよがしでなく、着崩すことだと思います。いつもの服に、意外性のあるものをぶつけてみる。〝こなれニュアンス〟を連れてくるには、たとえばフェミニンなスタイルをベースに、〈アディダス〉などの本気のスポーツウェアを小道具的に投入してテイストミックスするのもいい。体が泳ぐくらいのメンズサイズを選ぶだけでも、〝こなれ感〟は自然に生まれるんです。あとは、毎日習慣のようにつけているアクセサリーを思い切って1つ取ってみるのもいいでしょう。コーディネートは、盛っていくだけでなく、引き算することも忘れずに」  (スタイリスト/金子綾さん)nuance03

なんとなく、アクセつけてない!?

「〝こなれ感〟とは、きれいにまとめすぎないこと。まずおすすめなのが、ジャケットやニット、シャツの袖をロールアップする方法。ラフに、1、2回折り曲げたものを、くしゅっとたくし上げて。ただし、位置は、肘より下で。それより上にすると〝力仕事〟するみたいになるので、要注意です。また、素材選びに気を使うのもいいでしょう。定番のトレンチコートは、落ち感のキレイな、とろんとしたものにするだけでも、ぐっとおしゃれになれますよ」(スタイリスト/植村美智子さん)nuance01

ロールアップ強化でいきましょう。

金子 綾

スタイリスト。著著に『a nuance スタイリスト 金子 綾“こなれニュアンス”のつくり方』(小学館)あり。

植村美智子

個人向けのスタイリングサービスも行うスタイリスト。著書は『「今の自分」に似合う服』(地球丸)。

Illustration: Asami Hattori      Text&Edit: Aiko Ishii, Ayana Takeuchi

2016年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年8月号
2020年7月10日発売

GINZA2020年8月号

No.278 / 2020年7月10日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
もっと知りたい もっと観たい 映像クリエイターズ!

映像の中で見つける
夏ものがたり

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)