FROM EDITORS 好きなファッションの話〜お土産Tシャツ

FROM EDITORS 好きなファッションの話〜お土産Tシャツ

Share it!

今はもう休刊になってしまったある女性誌に、「Tシャツはコミュニケーションツールだ!」というページがあった。なんてことはない、何枚ものTシャツが「ロゴ」や「キャラもの」などど括られて並んだ単純な誌面だったのだが、このタイトルに関しては本当にその通りだと思ったし、今もそう思っている。というか、Tシャツに限らず、ほぼ全ての服はコミュニケーションツールだと思う。

ファッションは自己表現だという言説に異論はないし、事実、私も毎日洋服によって“見せたい自分”を作っている。そしてそれを楽しくやれるというのがまた、ファッションが魔法たる所以だろう。けれど、自分の好みやキャラクター、時に思想までをも服で表すというのは、「人にどんな『私』を提示したいか」という自問への答えでもある。服を着ることは、人との関係や社会のなかでどう存在したいかを表明する手段だとも言える。そして他者に確実に届くように何かを表すことは、コミュニケーションに違いない。

と、小難しくしてしまったが、つまりは「着ているものって人から隠せないし、だからこそ話のきっかけにもなるよね!」という、ただそれだけ・・・。そして、Tシャツほど、表現のキャンバスとしてフラットに機能するアイテムはない。

だから、土産物屋にはTシャツが並ぶのだと思う。カーディガンでもシャツでもなく。

さて、私こと編集クロは、お土産屋さんのTシャツが好きである。デザイン未満の絵柄に、どことなく香るノスタルジー。そこでしか手に入らないユニークネス。加えて、やっぱり思い出は形にして身に付けたい。その思い出に登場するモチーフを好きだったら、なおのこと。

そしてお土産Tを着ることは、服のコミュニケーションツール性をふんだんに使うことでもある。(お気付きのように、ここではコミュニケーション性≒ネタ性でもある) Tシャツから広がるのは、旅の思い出や博物館の感想・・・。自分を知ってもらうのに、お土産Tほどふさわしい服はあるだろうか。つまり、お土産Tはある意味において、もっとも服らしい服とすら言える(かもね)。

だから私はお土産Tを着る。オサレじゃなくてももういいのだ。だって、楽しいんだもん。
(ただし、Tシャツのボディが高品質なことは稀なので、悲しいかな、短い寿命と割り切って着る勇気も必要だ。)

1.

お土産Tシャツ GINZA

友人と大阪の万博公園に行く前日、仕事で会ったカメラマンさんが太陽の塔のTシャツを着ていて、即触発された。

お土産Tシャツ GINZA2

バックプリントがかなり本気の日本語フォントなので、いまいち勇気がない日はカーディガンを羽織る(そして未だに羽織らずに街に出られたことはない)。合わせたのは、古着屋さんで買ったリーバイス501。どんなTシャツも受け止めてくれる、頼れるボトムスである。

2.

お土産Tシャツ-GINZA3

友人とハバナの海沿いを歩いていたら大波をかぶり、着ていたシャツがびしょびしょに。これはお土産Tを買う好機!と近くのホテルのショップに入り見つけた一枚。平和で楽しい音楽が聞こえてきそう。ボディはうすっぺらいんだけど、絵柄部分がポコッとうきあがる加工をされていて、チープさも含めて、気に入っている。

3.

お土産Tシャツ-GINZA5

「好きな動物は?」と聞かれたら「ラクダ」と答えることにしている(その質問をされることってほとんどないのだけど)。チュニジアのビーチで実際にラクダに乗ったということもあり、お土産Tにはラクダをチョイス。一応、ちゃんと、刺繍です!

 

番外編

お土産Tシャツ GINZA4

おまけに、GINZAオリジナルTシャツ。シンプルなTシャツだと、バカかわいいピアスもつけやすい。「OK, Ladies!とハートの組み合わせがいいね」とボスに言われてご満悦。

 

マイフェイバリットなお土産たち

編集クロ

GINZAではビューティなど担当。お土産Tの時は、眉メイクをしっかりして顔をややよそゆきにし、「街着」感をサポート。最近編集部にメダカのお家ができて嬉しい。

関連記事

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント