ヴァンプ、おフェロ…ってなんのこと? いまどきファッション用語辞典2016 第2回

ヴァンプ、おフェロ…ってなんのこと? いまどきファッション用語辞典2016 第2回

時代とともに生まれるファッション用語。「トゥデイはエクストラロングスリーブをスポンテニアスにウェアして、オルチャンタッキースタイルに」なんてルー大柴よろしく、カヨコ・アン・パタースンばりな発音でマスターしたい、シン・ゴジラばりな最新用語をラインナップ。

01.

ヴァンプ
【vamp】
(メイク)

性的魅力を利用して男性につけ込む誘惑的な女性指をすジャーゴンだったが、今どきはもっぱら、吸血鬼を思わせる赤黒い「ヴァンパイアリップ」のこと。

 


02.

エクストラ-ロング-スリーブ
【extra long sleeve】
(ディテール)P14-15

 

指先まですっぽり隠れてしまう長い袖。〈メゾン マルジェラ〉や〈マイケル コース〉などが2016-17 AWに発表したが、日本では赤塚不二夫の「ホッカイローのケーコターン」「十四松」や、藤子不二雄の「ハカセ」などがいち早く取り入れている。

 


 03.

えり –  ぬき
【襟抜き】

(着こなし)P14-15

トップ、主にシャツを着用する際、首の後ろをこぶしひとつ分程度開けること。身頃を後ろへずらすため、背中に適度な丸みが生まれ、女性らしさとこなれた着こなしが実現する。和装における「抜き衣え紋もん」に由来する。

 


04.

おフェロ
(スタイル)

「お洒落でフェロモンが出ている状態」を指す、雑誌『ar』が提唱した造語。ファッション、ヘア、メイク、ボディと「おフェロ」のジャンルは多岐にわたる。例≫ 森絵梨佳ちゃんのおフェロメイク。

 


05.

オルチャン
(ことば)

美少女、美男子の意。「얼 オル굴 グル =顔」と「짱 チャン=すごい、最高」を組み合わせた造語で、韓国のインターネットで生まれた。例≫ オルチャンファッション、オルチャンヘア、オルチャンカメラ。

Illustration: Yutaka Nakane
Text: Harumi Hino


2016年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)