グランピングルック、コーディガン…ってなんのこと? いまどきファッション用語辞典2016 第3回

グランピングルック、コーディガン…ってなんのこと? いまどきファッション用語辞典2016 第3回

時代とともに生まれるファッション用語。「トゥデイはエクストラロングスリーブをスポンテニアスにウェアして、オルチャンタッキースタイルに」なんてルー大柴よろしく、カヨコ・アン・パタースンばりな発音でマスターしたい、シン・ゴジラばりな最新用語をラインナップ。

01.

グランピング-ルック
【glamping look】
(着こなし) 

「camping=キャンプすること」を組み合わせた造語。起源は12世紀と古く、モンゴルの移動式住居ゲルと考えられる。20世紀初頭の欧米の富豪が嗜むアフリカでのラグジュアリーなキャンプが現代のグランピングのベースとなっている。世界各国で注目されているが、日本でも独自のグランピング文化が急成長。ファッションも上質素材でシックな色合いのパーカやバックパックなど、大人仕様のキャンプウェアが主流。


02.

コーディガン
(アイテム)P14-15

 

「coat=コート」と「cardigan=カーディガン」を組み合わせた造語。カーディガン感覚で羽織るアウターのこと。カーディガンでは寒いが、コートを着るほどの気候ではないときに重宝する。その定義は曖昧。

 


 03.

コートアップ
(アイテム)

 

コートとボトムをセットアップにすること。ちなみにセットアップは和製英語。ゆえにコートアップも同。

 


04.

こなれ-かん
【こなれ感】
(着こなし)

 

「がんばっておしゃれしました」感を出さず、簡単に着こなしている様子。おしゃれに対する頑張りを見せない姿勢。

 


05.

シャーリング-コート
【shirring coat】
(ディテール)

 

絞ることのできる「シャーリング加工」を施したコートのこと。〈バーバリー〉〈カルヴェン〉などが発表。細かいギャザーを寄せて模様や変化を出す「shirring」が語源。

Illustration: Yutaka Nakane
Text: Harumi Hino


2016年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)