フジロックおしゃれ“実際のところ”調査 vol.1 -シューズ編-

フジロックおしゃれ“実際のところ”調査 vol.1 -シューズ編-

Share it!

晴天と大雨を繰り返しながら、夜通し盛り上がりを見せたフジロックフェスティバル2018。それにしても、今年も持ち物の準備は悩ましかった!結局のところ、みんなは現地で何を身につけていたのだろう。現地で調査を敢行。おしゃれは足元から。まずは、シューズ編をどうぞ。フジロックで見つけたオシャレなあの子♪ SNAP その1その2その3はこちらをチェック!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1. 野鳥の会の長靴


フジロック名物のシューズは、軽さと小さくたためる利便性が◎。スタイルが良く見えるという意見も。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2.〈Dr.Martens〉の8ホール

シティ仕様のスタイルを好む人に多かったドクターマーチン。白いシューレースも流行中。後ろに回す結び方も◎。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3. 〈KEEN〉のスニーカーサンダル

暑い時は素足で、寒くなったら靴下を履いて温度調整ができる。人混みの中で足を守れるのが選ばれる理由。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4.〈Teva〉のサンダル


大自然の中、足元に開放感が欲しいのが正直なところ。長距離の移動も問題なし。汚れに負けじと白が人気。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5. 〈SALOMON〉のトレッキングシューズ

ストリートブランドとのコラボで注目されている〈サロモン〉。今年履いている人が急増した。ナードなデザインとSマークが目印。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6. 〈crocs〉のサンダル

〈BALENCIAGA〉から厚底モデルが出たこともあり、ファッションアイテムに定着の予感。歩きやすさも申し分なし。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7. 〈Danner〉のブーツ

編み上げのディテールが渋い!手作業で作られるブーツメーカなだけあって、やみつきになる履き心地。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8.〈SEAVEES〉の長靴

カリフォルニア発のシューズメーカーのロング丈のレインブーツ。リッチな革製の靴ひもが◎。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9. 〈Nike〉のスニーカー

オレンジ×ブールの蛍光色が絶妙。通気性が抜群で、コーディネイトのポイントにも使える優秀な一足。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10. 〈CONVERSE〉のオールスター

みんな大好きなオールスターも、撥水加工がされたゴアテックスのモデルなら、雨も怖くない。汚れにも強い!


 

Photo&Text: GINZA

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント