フジロックおしゃれ“実際のところ”調査 vol.2 -ハット編-

フジロックおしゃれ“実際のところ”調査 vol.2 -ハット編-

Share it!

晴天と大雨を繰り返しながら、夜通し盛り上がりを見せたフジロックフェスティバル2018。今年も、持ち物の準備は悩ましかった!結局のところみんなは何を身につけていたのだろう。現地で調査を敢行。続いて、フェスの必需品!ハット編をどうぞ。フジロックで見つけたオシャレなあの子♪ SNAP その1その2その3はこちらをチェック!


1. 〈THE NORTH FACE〉のハット

 

青×緑のバイカラーがアイキャッチーで顔色も明るく!つば広ハットは日焼け防止には欠かせないアイテム。


2. シェード着きハット

 

体力を奪われてしまうため、首の裏を日差しから守れとはよく言ったもの。サングランスとのバランスでおしゃれアイテムに変身。


3. 〈karrimor〉のハット

 

黒いハットには、華やかなピアスを合わせるのがお約束。〈モンドモンド〉のピアスは2連になったフープが◎。


4. 総プリントのハット

 

無地のハットもいいけど、グラフィック柄のハットで、頭にポイントを持ってくるのも又良し。


5. 〈New Era〉のキャップ

 

キャップの人気も根強い。顔に陰がかからないのがいいところ。ポニーテイルとも好相性。


6. ヘアバンドでアレンジ

 

山の天気は雨が降ったり、風が吹いたり忙しい。髪の毛をヘアバンドで抑えれば、煩わしい髪の乱れとさよなら。


7. バンダナを巻く

 

髪の毛をバンダナで抑えれば、紫外線から守ることができる。おしゃれのポイントにも良し。


8. ゴアテックスのハット

 

会場内で傘をさすことは禁止されている。素材がゴアテックスなら、顔まわりも雨がかかるの防いでくれる。


9.サファリハット

 

アーミーやサファリを感じさせるアイテムを取り入れて、通な感じに。サングラスとの相性も◎。


10.アイドルグッズのキャップ

音楽好きが集う祭典だから、好きなミュージシャンが出演しなくとも、ファングッズで好きな気持ちを表現しよう。


Photo&Text: GINZA

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント