夢の〝体に働きかける服〟はすでに存在!?「ファッション未来予想図2017」テーマ03:スポーツウェアの機能から探った未来の服

夢の〝体に働きかける服〟はすでに存在!?「ファッション未来予想図2017」テーマ03:スポーツウェアの機能から探った未来の服

Share it!

3Dプリンターを使って服を作るデザイナーもいれば、アフリカの技術に目を向けるブランドもある。あなたが抱く“ファッションの未来”とは、果たして? 年始ですもの、たくさんの夢を描いてみましょう。


THEME-03
スポーツウェアの機能から探った未来の服

日々進化するスポーツウェアにも、ファッションの未来が隠れているのでは? ゴールドウイン取締役、渡辺貴生さんに話を聞いた。 「スパイバーと共同開発し、2015年に発表された〝ムーンパーカ〟。世界初の人工合成クモ糸素材を使えば、生産、製品、リサイクルまで、アパレル全体が大きく変わる。20年東京オリンピックでの実用化を目指し開発中です」と、冒頭から明るい未来を提示。

と同時に、取材時に用意してくれた10数点を前に、「たとえば、ドットでダウンを押さえたダウンジャケット(写真左奥)。縫い目がない分、軽くて、柔らかくて、着心地がいい。もちろん見た目もカッコいい」と、多種多様な機能を紹介してくれる。羽織らせていただくと、空気みたい……想像以上にかなり軽い! しかもなんだかポカポカと。 「さらに、遠赤外線保温素材〝光電子〟を使えば、自分の体温を戻して温める。自分の力しか利用しないので、不快感がなく、自然な温かさが続くんです」

夢の〝体に働きかける服〟はすでに存在!?

「16年スタートの〈NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN〉では、回復やリラックスの機能も加えて、 体を素の状態に戻すためのものづくりを提案したい。それに、スポーツウェアを着ると自然と体を動かしたくなる。人間のマインドもアクティブに変わるんです」。スポーツウェアと元気に過ごす未来こそ理想。

 

THE NORTH FACE

gz01_ND91603_K_c

900フィルパワーのダウンを、ドットバッフルでさらに軽量化。
レオパードジャケット ¥35,000

gz01_NP61606_FG_c

肩部分に厚手の生地を使っているように見えて、実はコレ、一枚仕立て。部分的に、横糸に強い糸を織っている。継ぎ目がないので、軽くて、動きやすくて、機能性の高い1着が誕生した。ヒューズフォームマウンテンジャケット ¥42,000

gz01_NY81601_K_c gz01_NY81601_RG-b2_c gz01_NY81601_RG-b4_c

軽量で強力な素材を肘部分に使用。しかもリバーシブルなので、状況によって、保温や透湿防水の機能をフレキシブルに利用できる。しかもコンパクトになるという万能選手。
L6キュービックトランゴパーカ ¥78,000
(以上ザ・ノース・フェイス | ゴールドウイン カスタマーサービスセンター

 

NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN

外苑前に1号店がオープンした、“心と体を整える”がコンセプトの〈NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN〉。来春に向け“本当によく眠れるスリーピングウェア”を開発中。写真はルックブックより。ダンスキン、C3fit、アイスブレーカーなどもスタイリッシュにMix。
www.goldwin.co.jp/neutralworks

gz01_02_028 gz01_04_017 gz01_17_035

 


◆ 機能ウェア、タウンユースのススメ ◆

デザイナー、高橋盾がナイキと手を組んだ〈GYAKUSOU_〉の新作は、渋いアースカラーが中心。一方チャンピオンは、80年代の米軍が使用していたウェアから着想した、ミリタリーテイストの〈CPFU®〉を発表。スタイリッシュなスポーツウェアで、日常着にも快適さをプラスしてみては?

GYAKUSOU_

gz01_STO_0278_63142

イメージヴィジュアルには、デザイナー本人が都会を走る姿が。

gz01_STO_1012_63145

袖が取り外しできるダウンは、通気性にも優れている。もちろんランニング時にも。
NIKE.COM/NikeLab

 

CPFU®

gz01_RIP-STOP NYLON STRETCH HOODED ZIP WOVEN JACKET

雨風にも対応するジップジャケットは、ベンチレーション付き。
ナイロンジャケット 各¥15,000、ショートパンツ 各¥6,000

gz01_STRETCH JERSEY LONG TIGHTS

運動時のストレスを軽減。リフレクター付き。
ストレッチロングタイツ 各¥7,500(以上CPFU® チャンピオン | ヘインズブランズ ジャパン

Photo: Getty images
Text&Edit: Itoi Kuriyama, Shunta Ishigami

GINZA2017年1月号掲載

関連記事

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント