SEARCH GINZA ID

GINZAオシャレ相談室 Vol.1「Tシャツやデザイントップスが映える夏。どんな下着をつければいい?」

GINZAオシャレ相談室 Vol.1「Tシャツやデザイントップスが映える夏。どんな下着をつければいい?」

読者のオシャレに関する悩みをWEBで募集。見習いエディターMがGINZA編集部まわりの先輩エディター、スタイリストさん、ヘアメイクさん達の協力のもと解決策を考えます。第一回のテーマは、普段なかなか聞きづらい“見えない部分の装い”について。

 

夏、どんな下着をつければいい?

暑い夏、おしゃれさんさんの下着事情が知りたい!オフショルダーやトレンドの変形トップスを着こなしたいけど、ブラジャーの紐やインナーがはみ出て見えると一気に残念な感じになって気になります。また背中が開いたトップスの時にはヌーブラ一択なのでしょうか?ヌーブラってなんだか勇気がいるので…挑戦できません。あと胸もないので本当にくっつくのか不安です。(アクセサリークリエイター/25歳)

 

GINZA:まだまだ暑い日が続きます。汗はダラダラ、必然的に服は薄着に……!みなさんの下着事情はいかがでしょうか?

編集者・ライター 渡部かおり(以後、渡部):夏のトップスはプレーンなTシャツもデザイントップスも、胸がなければないほど似合う気がします。私はメンズライクな洋服が好きなのですが、ポケットTシャツなんてやっぱり男性の方が俄然、似合いますよね。だから下着はいつも〈カルバン・クライン〉のカップなしスポーツブラで、胸を強調するどころか押さえつけているくらいです。まあ、そんな必要ないくらいにもともとないですけれど……。

スタイリスト 早川すみれ(以後、早川):胸を盛るのもひと昔前、という風潮がありますよね。スポーツ用だと〈ダンスキン〉や〈ルルレモン〉のブラもおすすめ。ストラップが細いシンプルなアイテムは、蒸れない水着感覚で着ることができます。

スタイリスト 木村舞子(以後、木村):私は〈ベースレンジ〉の「ミシシッピブラ」を愛用しています。背中の紐が細くてホックもないから、全然ブラ感が出ず優秀。 個人的には黒とベージュで十分ですが、カラータイプやベロア素材で、服の下から見えたときにかわいいものもそろっています。

早川:エミリーウィーク〉のシンプルなブラも色が豊富なので、一緒に着るトップの色に合わせて着れば肩ひもが出てもいいレイヤードになりそう。

GINZA:外から見えることを前提にブラを選ぶのですね。〈ベースレンジ〉は過去に、GINZAMAGの記事でも話題になっていて気になっていました。

スタイリスト 榊原優佳(以後、榊原):プチプラ派におすすめしたいのが〈フォーエバー21〉のブラ。ホルターネックでTシャツから見えても下着っぽさがないものや、タンクトップ感覚で使えるカップ付きのスポブラなど本当に使えるものばかり。トレンドのボディスーツも種類豊富です。

GINZA:ちなみに「ヌーブラ」はどうですか? 質問者さんは、小さな胸でもくっつくのか心配されているようですが。

早川:撮影用に使うことがあります。着用後すぐに水洗いでケアをすれば粘着力も続きますよ。

渡部:もう10年くらいずっと愛用し続けている先輩がいます。どんな服にも合わせやすいそうですが、たまに会話中、お腹のあたりにボローンと落ちているのを発見して、突っ込んだことがあります。それでもなお、春夏秋冬季節を問わず、楽で手放せないそう。

GINZA:落としてでもつけたい楽さ……!

木村:ヌーブラだと、カップの部分が洋服にひびいてしまう気がするんですよね。撮影では使いますが、自分用はもっぱらジェルタイプの「ニップレス」です。

GINZA:ニップレスって、乳首の部分に貼りつけるタイプの下着ですよね?

榊原:私も使っています。「SHIBUYA109」の〈ぽこ・あ・ぽこ〉で売っている〈nippies patch of freedom〉の箱入りのものを、撮影でも自分でも愛用しています。繰り返し洗っても、ちゃんとくっつくし、厚みがしっかりあって安心。

早川:最近オシャレな子が、お花型のシリコンニップレスをつけているのをよく見ます。面積が小さいから、蒸れたりしないのもポイントが高いです。

渡部:私も、背中が開くタイプのトップスのときはニップレス派です。〈ワコール〉の「バストエイド」はコスパもよくて、夏が来る前にまとめ買いしています。スタイリストさんでも、公私ともに愛用している方がよくいます。

GINZA:「バストエイド」は使い捨てタイプなのですね。一口にニップレスと言っても形状は様々。価格が低いからこそ、いくつか試してみて自分にあったタイプを見つけたいですね。

 

 

見習いエディターMがニップレスに初挑戦

購入したのは〈wumio〉の花型シリコンニップレス。Amazonで即日配送のタイプを選びました。商品は簡易包装でポストに投函されていました。直径は7cm。もともと肌が強くないので不安があるなか、ニップレスを着けて半日外出してみました。

結論から言うと「最高」でした。服の上からでも目立たず、ずれることもなく快適。心配していた肌トラブルもなく、違和感なく半日をすごすことができました。これさえあれば夏の薄着ももう怖くない!帰宅後ニップレスを剥がすと、シリコンの内側に水滴がついていて「ああ、人間ってこんな部分にも汗をかくんだ……」と、やや衝撃を受けました。水洗いして干したら、次回もしっかり粘着。まだまだ続く夏の暑い日々の必需品となりそうです。

 

あなたのお悩みにも答えます!
相談はこちらから

スタイリスト 木村舞子

百々千晴氏に師事し、独立後は雑誌や女優のスタイリングを手がける。ベーシックアイテムを主軸としたスマートなスタイリングが得意。
Instagram: @maiko.mu

スタイリスト 榊原優佳

飯田珠緒氏に師事し独立。雑誌やカタログを中心に活躍している。愛称はローズ。
Instagram: @yukasakakibara_

スタイリスト 早川すみれ

2011年スタイリストとして独立。文化庁の支援を受けベルギーでダンスカンパニーの舞台衣装に関わる。広告、雑誌、音楽、シアターとジャンルレスに活動。
Instagram: @sumire-hayakawa-stylist

編集者・ライター 渡部かおり

紹介:編集プロダクション「FW」主宰。ロンドンでのライター業を経てフリーランスの編集者として独立。モード誌、広告ビジュアル、カタログ制作に携わる。

Illustraiton: Izumi Okaya Text: Saki Masuda Edit: Karin Ohira Cooperation: Kaori Watanabe, Maiko Kimura, Sumire Hayakawa, Yuka Sakakibara

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年1月号
2019年12月12日発売

GINZA2020年1月号

No.271 / 2019年12月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
おしゃれな人が毎日、使うもの

センスのいい人の
生活に必要なアイテム

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)