SEARCH GINZA ID

GINZAオシャレ相談室 Vol.16「アラサー、アラフォーから始める”大人のガーリー”入門」

GINZAオシャレ相談室 Vol.16「アラサー、アラフォーから始める”大人のガーリー”入門」

読者のオシャレに関する悩みをWEBで募集。見習いエディターMがGINZA編集部まわりの先輩エディター、スタイリストさん、ヘアメイクさん達の協力のもと解決策を考えます。今回のテーマは、悩める大人のスタイルチェンジ。

 

”無理してる感”を出さずにガーリーになるには?

私はクロエ・セヴィニーとアレクサ・チャンのファッションが大好きです。30代、40代になっても、ガーリーファッションを着こなしているのに憧れています。けれど、私はずっとストリート系ファッションを好んできたので、2人に憧れて今からガーリーに挑戦するにしても勇気がいるというか……。痛い目で見られない、2人のようなファッションの取り入れ方を教えて欲しいです! まずはいつものコーデに「ちょい足し」などできればいいのかなとも思っています。(33歳 アルバイト。好きなブランドは<アクネ>)

 

編集者・ライター 渡部かおり(以後、渡部):ものすごく共感する質問です。私もクロエ・セヴィニーが確固たる意志で続ける”大人のガーリー”スタイルに憧れる一人。30代、40代のガーリーファッションって、スイートではなくて、もはやかっこいいものだと思うんです。もしかしたらパンクの領域に食い込むほどのかっこよさ。だから本当はちょい足しなんてせずに、もう堂々とフリルやレースたっぷりのドレスを着てほしいのですが、勇気がいるという気持ちも分かります。

GINZAすでに自分の定番スタイルを持つ大人だからこそ、なかなか一歩を踏み出せないですよね。

スタイリスト 早川すみれ:今年は花柄やボリューム袖のトップスなど、ガーリーなアイテムが豊作なんです。トップスかボトムス、まずはどちらか片方から取り入れれば抵抗感も下がるかもしれません。お手元のトレーナーやアノラックパーカ、スニーカーに<ガニ―>や<ナンバーシックスストア>、<バウム・ウンド・ヘルガーデン>の花柄フレアスカートを合わせたり、<セシリー バンセン>や、<ホラー ヴァキュイ>のボリューム袖のトップスに手持ちのベーシックなセンタープレスのスラックスを履いてみるなんていかがでしょうか?

GINZA<ガニー>はワンピースもかわいいですよね。クローゼットスナップ号(ISSUE 265山野邉彩美さんが紹介しているのを見てからずっと気になっていました。

スタイリスト 榊原優佳(以後、榊原):あと、ここ数シーズン間違いなくおすすめなのが<トリー バーチ>です。花柄のハンカチをつなぎあわせたようなドレス、キラキラのバレッタ……どれもとんでもなくロマンチックでかわいい。けれど、品のよさは保っているのでまさに、大人のガーリーにぴったりです。

渡部:いつもの格好に「ちょい足し」するなら、<セシリー バンセン>の透ける黒のスリップドレスはどうでしょう。私は、ストリートブランド<パレス>のボーダーTシャツにブラックデニム、<VANS>のスニーカーというカジュアルな格好にこのスリップドレスを重ねて、ガーリー気分を謳歌しています。なにせいつもの格好に重ねるだけなので、痛い目でも見られず(まあ、見られたっていいのですが)、新鮮なスタイリングに仕上がって大満足ですよ。

GINZA:一枚プラスするだけで気分が変わりますね! <セシリー バンセン>のレイヤードコーデはこちらの記事でも紹介しています。

榊原:クロエ・セヴィニーやアレクサ・チャンの着こなしがお好きなら、まずはヴィンテージのブラウスを一枚買ってみてはどうですか? デニムに合わせるだけでかわいいですよ。代官山のヴィンテージショップ<ジャンヌ・バレ>なら、古いアイテムも良心的な価格で購入できます。

スタイリスト 木村舞子:私もまずは今の洋服に一点投入するのがおすすめです。私自身のファッションはガーリーとは程遠いのですが、ハイウエストのジーンズに合わせて少しフェミニンなブラウスなどはよく着ます。素材感が大人っぽいものやディテールが華美になりすぎないものであれば、挑戦しやすいのではないでしょうか。

GINZA洋服以外のアイテムで一点投入するならいかがですか?

榊原:<クロエ>のアクセサリーなんてどうですか? 5万円前後で買えるものが揃っていて、大人っぽいのにガーリー。シンプルなスタイルにプラスしてあげても素敵です。

GINZA”ガーリー成分”を気軽に摂取できるアイテムが、こんなにたくさんあるなんて! なんだか希望が持てました。

渡部:私の連載でもまさにこのテーマ(大人かわいい)を掘り下げています。よろしければあわせてどうぞ!

 

あなたのお悩みにも答えます!
相談はこちらから

スタイリスト 木村舞子

百々千晴氏に師事し、独立後は雑誌や女優のスタイリングを手がける。ベーシックアイテムを主軸としたスマートなスタイリングが得意。
Instagram: @maiko.mu

スタイリスト 榊原優佳

飯田珠緒氏に師事し独立。雑誌やカタログを中心に活躍している。愛称はローズ。
Instagram: @yukasakakibara_

スタイリスト 早川すみれ

2011年スタイリストとして独立。文化庁の支援を受けベルギーでダンスカンパニーの舞台衣装に関わる。広告、雑誌、音楽、シアターとジャンルレスに活動。
Instagram: @sumire-hayakawa-stylist

編集者・ライター 渡部かおり

編集プロダクション「FW」主宰。ファッション雑誌、広告ビジュアル、カタログ制作などに携わる。GINZAmagで「編集者・渡部かおりの「かわいい」ゼミナール」を連載中。
Instagram: @fwpress

Illustraiton: Izumi Okaya Text: Saki Masuda Edit: Karin Ohira Cooperation: Kaori Watanabe, Maiko Kimura, Sumire Hayakawa, Yuka Sakakibara

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年9月号
2020年8月11日発売

GINZA2020年9月号

No.279 / 2020年8月11日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
私がいちばん大切にしている
ファッションルール!

おしゃれな人の決まりごと
教えてください!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)