今月のG´s STORY「バタフライの効果」:ファッションが生命力に満ちあふれて見えるのは、動きの役割も大きいのでは

今月のG´s STORY「バタフライの効果」:ファッションが生命力に満ちあふれて見えるのは、動きの役割も大きいのでは

〈blugirl〉の今季のモチーフはバタフライ。いろいろなアイテムにいろいろな手法でバタフライが舞っています。

このまるで蝶の羽ばたきでふわりと浮いたように見えるのはワンピース。裾のふわっとしたフリルの広がりが春らしいですね。

これだけ蝶が人々に愛され続けているのって、その見た目の美しさやバリエーションの豊富さはもちろんだけど、あの宙を舞う姿にもあると思うんです。

蝶の飛び方ってとっても特殊なんですよね。アニメーションで蝶が出てくると、そのアニメーターがうまいかヘタかがはっきりわかります。ヘタな人が描いた飛び方はバサバサとまるで鳥のよう。うまい人が描くと、ふわっふわっとまるで花びらが生きているかのように、そこに漂う空気の流れまで感じることができるようです。蝶は胴体が軽いから重心が胴体ではなく羽の方にあって、それでああいう動きになるのでしょうね。

アニメーション(アニマ=生命・魂)は、その名の通り、止まっている「絵」に動きをつけることで、生命力を注入します。モチーフの動きを正確に描くと、そのモチーフの魂が乗り移ったかのように感じるわけです。

春から夏のファッションが、生命力に満ちあふれて見えるのは、その服の色や形だけじゃなくて、動きの役割も大きいのでしょう。バタフライのモチーフに風をたくさんはらませて、街に生命をみなぎらせてください。

 

 

[#Beginning of Shooting Data Section] 画像サイズ:L (7360 x 4912), FX 2016/03/09 18:54:22.70 地域と日時:UTC+9, 夏時間の設定:しない ロスレス圧縮RAW (14-bit) Nikon D800E レンズ:24-70mm f/2.8G 焦点距離:62mm フォーカスモード:マニュアル(M) AFエリアモード:シングル 手ブレ補正: AF微調節:する(0) 絞り値:f/8 シャッタースピード:1/125秒 露出モード:マニュアル 露出補正:0段 露出調節: 測光モード:中央部重点測光 ISO感度設定:ISO 400 フラッシュ名: ホワイトバランス:色温度(5000K), 0, 0 色空間:Adobe RGB 高感度ノイズ低減:標準 長秒時ノイズ低減:しない アクティブD-ライティング:より強め 画像真正性検証機能: ヴィネットコントロール:標準 自動ゆがみ補正:しない ピクチャーコントロール:[SD] スタンダード ベース:[SD] スタンダード クイック調整:- 輪郭強調:4 コントラスト:+1 明るさ:0 色の濃さ(彩度):0 色合い(色相):0 フィルター効果: 調色: 仕上がり設定: カラー設定: 階調補正: 色合い調整: 彩度設定: 輪郭強調: 緯度: 経度: 標高: 高度の基準: 方位: UTC: 測地系: [#End of Shooting Data Section]

“Joie de vivre”(生きる喜び)をコンセプトに掲げた〈ブルーガール〉の2016年春夏コレクションから、キーモチーフでもあるバタフライプリントのドレスが登場! あえてゆとりをもたせたシルエットに風が舞い込み、ヒラヒラと膨らむ裾のフリルに思わず胸キュン。¥82,000(blugirl)☎︎03-5771-3513 *価格は全て税抜表記です

Photo: Hiromichi Uchida Illustration: Yurikov Kawahiro Text: Gabin Ito Edit: Yu-ka Matsumoto

2016年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)