「冒険は続く」- CHANEL〈ガブリエル ドゥ シャネル〉のバッグ – 今月のG´s STORY

〈ガブリエル ドゥ シャネル〉というココの本名ガブリエルから名付けられたこのバッグ。エイジド加工されたカーフスキンにキルティング、熱成形されたボトム部分、そしてゴールドとシルバーのメタルに編み込んだストラップという、実にシャネルらしい凝ったものですね。

なんですけど!

リリースを読んでいたら、 「インスピレーション源となったのはAR(拡張現実)のメガネ型デバイスや、競馬場で紳士たちが肩にかけているような双眼鏡ケース」

という聞き捨てならない一文が!

まず、AR(拡張現実)のメガネ型デバイスという最先端でありつつも、どこかゴツ過ぎてユーモラスなアレを早速モチーフにしちゃうとか流石としか言いようがありません。

さらに、その最先端デバイスと紳士の双眼鏡ケースが同じようにインスピレーションの源になっているのがたまらないですね。真逆のようで、似ているふたつが。

思えばガブリエル・シャネルは、女性服にジャージー素材という機能性を持ち込んだ人物。当時はとてもおしゃれとは思われてなかったモチーフや素材を確信犯的に取り入れるのが、シャネルの歴史でありコードなんですね。

ガブリエル・シャネルはずっと冒険的に生きた人だったけれど、その冒険はまだ続いているんですね。そしてこれからも。


〈シャネル〉から新たなハンドバッグ〈ガブリエル ドゥ シャネル〉が登場。レザーをゴールドとシルバーのメタルに編み込んだストラップが新鮮。ワンショルダー、クロスボディ、両方の肩に1本ずつなど6通りの持ち方が可能で、気分に合わせて楽しめそう。H15×W20×D8cm ¥353,000(シャネル  ☎0120-525-195)

Photo: Hiromichi Uchida
Illustration: Yurikov Kawahiro
Text: Gabin Ito
Edit: Yu-ka Matsumoto


line02

2017年4月号掲載