G ́s STORY ティファニー「記憶装置としての」

ティファニーから、チャームとチェーンの組み合わせ自由なシリーズのご紹介です。

ここではイラストを、パーティーの飾り付けのようにあしらったのですが、どうでしょう?このジュエリー自体、パーティーの飾り付けのような楽しさがありますよね。さまざまなかわいいものをどんどん付けていけちゃう。

あと、時々思うんですけど、そもそもアクセサリーやジュエリーって、このイラストのような何か人生におけるポイントに買ったりするといいんじゃないかと。それは婚約や結婚とかだけじゃなくて、一個人としての人生のイベント事があった時に入手できるといいんじゃないかなと思うんです。

それは強烈に記憶に残るから。

アクセサリーやジュエリーは、まるで「匂い」のように記憶と強く結びつく力があると思います。進級でも目標達成でも失恋でも編集長の交代でもなんでもいいと思うんだけど、手に取れる記憶、身につけられる記憶として入手すると楽しいと思うんです。

そして、いつか誰かに譲る時には記憶とともに渡すことができるじゃないですか。おばあちゃんからネックレスをもらう時に、それを買った時の記憶とともにもらったらいいですよねえ。

だから、未来に向かって、その記憶を仕込んでいきましょう。いつか思い出を誰かに語る時のために、未来に向けて仕込みをしましょう。その時の気持ちにぴったりと寄り添うものを。


輪がひとつずつフック状に開く作りになったチェーンブレスレットをベースに、自由にチャームをカスタマイズできる逸品。クラスプリンクブレスレット ¥88,000、チャーム右から ¥35,500、¥35,500、¥35,500、¥138,000、¥138,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク  0120-488-712)

Photo: Hiromichi Uchida   Illustration: Yurikov Kawahiro   Text: Gabin Ito   Edit: Yu-ka Matsumoto

GINZA2018年5月号掲載