わたしたちにピッタリな逸品を見つける「くらべてみよう!」ジャージパンツ編

わたしたちにピッタリな逸品を見つける「くらべてみよう!」ジャージパンツ編

世の中に溢れる「いいもの」のなかから、ぼくたち、わたしたちにピッタリな逸品を見つける「くらべてみよう!」のコーナーだよ。昔からよく手にするもの、目にするもののなかから、スタイリスト仲子ちゃんのシビアー・アイ(愛・眼)が選りすぐった商品をラインアップ。みんなのお買い物の参考になるといいな!

ローファーコーチジャケットパジャマシルバーアクセといろいろ比べてきたけれど、今回はおしゃれな「ジャージパンツ」をくらべるよ。

レッツ・コンペア~!


仲子(以下仲):みんな~くらべてる~? スタイリストの仲子ちゃんだぞ。今日はジャージパンツをくらべるよ。

ギンザ(以下ギ):あ~助かる~。食欲の秋を終えて、なんかちょっとサイズアップしてるような気がしてたの。走りましょう!

仲:ノンノンノン。ジャージはジャージでもおしゃれジャージ、トラックパンツの方でーす。

ギ:ぐ。ハードル高いやつですね。ロンドンボーイ的な。

:サイドにラインが入っているものが多いので、実は脚長効果も期待できるフレキシブルなパンツなんだ。今、私が気になっている4本はこちら!

スタイリスト 仲子 ジャージパンツ くらべてみたグリーン ジャージ¥8,490(アディダス オリジナルス|アディダスグループお客様窓口)ソックス¥4,200(シモンワイルド|ユナイテッドアローズ)パンプス¥28,000(ファビオ ルスコーニ|ファビオ ルスコーニ 六本木店)

:ザ・アディダス!なジャージだけどゆったりしていて、クロップドでいまどき!?

:よくぞ気づきました。穿き心地良好、おしゃれ感度良好な〈アディダス オリジナルス〉のジャージだよ。今年らしいベロアのソックスとパンプスで女性らしい足元にするのがポイント。

:モードの香り漂う着こなし、いいっすね。

スタイリスト 仲子 ジャージパンツ くらべてみたブラウン ジャージ¥21,000(ニードルス|ネペンテス)ソックス¥2,500(マルコモンド)シューズ¥55,000(トーガプルラ×レイ ビームス|ビームス ウィメン 渋谷)

:続きまして~〈ネペンテス〉のオリジナルブランド、〈ニードルス〉のバギージャージだよ。バタフライのロゴがポイント!

:この太さ、いいっすね。メンズっぽさもありつつ……。
:ね。なので足元にキラッと感を加えて、女子的アクセントを加えるとかわいいと思うんだ。

スタイリスト 仲子 ジャージパンツ くらべてみたブラック ジャージ¥11,000(アディダス×レイ ビームス|ビームス ウィメン 渋谷)ソックス¥1,200(Tabio)シューズ¥32,000(ユナイテッドアローズ|ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

:仲子ちゃん、〈アディダス〉2本目ですよ。手抜きですか?

:ふ。素人はこれだから……。同じブランドでもシルエットが全く違うよ。これは〈レイ ビームス〉別注モデルで細身のシルエットがスタイリッシュなのだ。トップスもあるからセットアップでいけちゃうよ。

:ややや!足元はまたしてもチュールソックスですね。前にデートスタイルでも登場していた。

:チュールソックスは今季ぜひ取り入れたいアイテム。ツヤッとしたオペラシューズと合わせたら、あら不思議!ジャージも上品な装いに。

スタイリスト 仲子 ジャージパンツ くらべてみたグリーン ジャージ¥22,000(バウム・ウンド・ヘルガーデン|ユニット & ゲスト)シューズ¥11,400(ユナイテッドアローズ|ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

:これは一番ジャージ力が高いデザインですね。

:デンマークの〈バウム・ウンド・ヘルガーデン〉のものなんだけど、裾引きずるような、だらん、ずるんって着方がいいと思うよ。靴はスリッパ系シューズでも、色柄のあるものを添えてだらしなさを回避。

:ジャージって部活終わって制服の下に着て帰るのが学生時代はおしゃれだと思ってたけど、大人になると奥深いんですね。

:そうだね。足元を丁寧に選んであげるだけで、ファッションとして成り立つよ。好きなタイプのジャージを早速ワードローブに加えてみてね。

 

【お問い合わせ】MATT. INFO@THE-MATT.COM / アディダスグループお客様窓口 0570-033-033 / Tabio 03-6419-7676 / ネペンテス 03-3400-7227 / ビームス ウィメン 渋谷 03-3780-5501 / ファビオ ルスコーニ 六本木店 03-3408-8682 / マルコモンド03-6805-0812 /ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5786-0555ユニット & ゲスト 03-5725-1160   *上に着ているブラウス ¥25,000(kudos|MATT.)

 

スタイリスト 仲子菜穂
Nao Nakako
漫画とお酒をこよなく愛するスタイリスト。トラッドやワークといったメンズ由来の着こなしに、モードなエッセンスを効かせたスタリングに定評がある。ときにインテリアやプロップを手がけることも。


Text:Harumi Hino Styling:Nao Nakako Photographer:kimyongduck Model:Yuna Mori Hair&Make-up: Ryoki Shimonagata

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)