SEARCH GINZA ID

買い物よ踊れ♡今月の自腹ショッピングリスト

買い物よ踊れ♡今月の自腹ショッピングリスト

スタイリスト、エディター、ライターの3人が実際に買ったもの、買っちゃう予定のものをご紹介。日々ファッションに向き合う彼女たちがワードローブに選んだ、ガチな精鋭アイテムはコレ!


 

LOEWE

loewe

「〈ロエベ〉は憧れブランドのひとつ。バッグはもうちょっと大人になるまで我慢しようと思っているのですが、靴やアクセサリーは意外と手に届きやすいアイテムがあったりして、ちょこちょこチェックしています。今季目をつけたのがこのプラットフォームサンダル。スカラップやカットワークが愛らしく、ジュートソールが軽やか。上質感がありながら、デニムと合わせたりしてラフな使い方ができそうなのが◎。インソールやストラップはラムレザー。肌あたりがなめらかで、履き心地も文句ナシ」(スタイリスト木村舞子)

プラットフォームエスパドリーユ ヒール7cm ¥64,000
ロエベ ジャパン カスタマーサービス Tel: 03-6215-6116

SIMON MILLER

simon

「今年の夏はコレ、と心に決めた〈サイモン ミラー〉の“Bonsai”バッグ。暑い季節はかっちりしたバッグだとなんか重くてバランスが悪い。その点こちらはやわらかいヌバックで、バケツ型のフォルムに遊び心があり、レザーだけどライトな印象。さらっとした夏服と相性がよいのです。ハンドルはアクリルで、汗が気にならないのも高ポイント。ミニサイズが人気ですが、私は財布も手帳もすっぽり収まるサイズを購入して、仕事にも遊びにも活用するつもり!」(スタイリスト木村舞子)

バッグH20×W18×D18cm ¥88,000
エドストローム オフィス  Tel: 03-6427-5901

COATE

 

IMB_L1aEl2

「ここ最近注目しているドメスティックブランド〈COATE〉。パターンや素材にこだわりが見え、モードすぎずシンプルすぎない、リアルに着たいと思わせるワードローブが揃っています。このワンショルダースカートは、カジュアルだけど品よく着られるひとめぼれアイテム。シンプルに白Tと合わせるだけですごくかわいいんです!裏地の白が見えるデザインなので黒でも重くならず、コットンリネンの質感もいい。どこをとっても気が利いているなあと。しかも、ショルダー部分を下ろして2WAYで着られるすぐれもの。このクオリティでこのお値段は絶対手頃だと思います」(スタイリスト木村舞子)

ワンショルダースカート¥52,000
Fukuya Chiharu Design Tel: 03-3447-6427

Chloé

chloe

「〈クロエ〉のイニシャルリングを愛用中。他のアルファベットも買おうと思いお店に行って、目移りしちゃったのがこちら。数字モチーフのリングってほかのブランドでもありますが、華奢なものしか見つからなくて。年齢を重ねると指が痩せてくる…それをカバーするために、ボリュームのあるキラキラ、が手元に欲しい。このナンバーリングは数字のフォルムがごろんとしていて、それでいて印象はシャープ。リング部分の厚みもちょうどよく、着けてみるとなんともいい感じに収まるんです。値段が手頃なので、いくつも買い揃えたい。まずはラッキーナンバーから!」(編集S)

ナンバーリング各¥15,000
クロエ カスタマーリレーションズ Tel: 03-4335-1750

ISABEL MARANT

isabel

「レトロなカラーブロッキングと、スポーティなナイロン素材に惹かれたこのバッグ。夏に持つバッグは軽やかなものがいい。カゴバッグは好きだけど書類やら何やらでいつも荷物の多い私にカゴは心もとない…ならばシャカシャカだ! とピンときたのでした。コンパクトに畳んで携帯できるのでサブバッグ使いしてもいいし、ちょっとくらい濡れてもOKなので雨の日にも重宝。スポーツウェアに新鮮な解釈を加えた今季のイザベル マランは、他にも気になるものがたくさん!」(ライターM)

バッグH35×W29×D10cm ¥16,000
イザベル マラン Tel: 03-5772-0412

COMING ATTRACTIONS

dotshoes

「シースルー×ドット。旬の要素をかけ合わせたシューズはメゾンブランドの靴も手掛けているスペインのファクトリーブランドから。レディなデザインですが、フラットで履きやすく、デニムなどカジュアルなアイテムに合わせてもとてもかわいい♡ 普段フッドベッドサンダルやスニーカーばかり履いている私ですが、これを履いたら、久々に“女靴”に開眼してしまいました。サンダルだとラフになりがちだけど、シースルーシューズなら軽さをキープしながらきちんと見えるのもいい。これこそオンオフ使える一足だと思います」(ライターM)

シューズ ヒール0.5cm¥26,000
アングローバルショップ 表参道 Tel: 03-3470-2151

SAINT HELENA

swimware

「毎年夏の旅行前に水着を探すと、欲しいものがない!今年こそは早めに…と思っていたところに出会ったのがコレ。バーガンディカラーのワンピースは、ほんのりレトロな雰囲気が漂い、愛らしくも大人っぽい。フロントに施したシャーリングは、体型カバーにも一役買ってくれそうです。バスト部分には安心感のあるパットが付いているのも嬉しいところ。〈セント ヘレナ〉はオーストラリア・バイロンベイ発のブランド。この水着を着て、バイロンベイみたいなのんびりしたサーフタウンでプカプカ泳ぎたい♪」(ライターM)

スイムスーツ¥23,000
アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店 Tel:03-5366-5425

 

nanadecor

nanadecor

「疲れて帰ってきても、素敵なルームウェアがあると、疲れが2割は減る気がする。〈ナナデェコール〉は以前から好きなブランドで、オーガニックコットンのパジャマやタオル生地のガウンやなどいくつか所有。夏物を新調したいと思っていたところ見つけたセットアップは、上品なネイビーベースにさりげないドット模様。かわいいけれど甘すぎないのが気に入りました。丈の短すぎないキュロットだと、家の中でアクティブに動けるのがいい。さらりとしたオーガニックコットンで、寝る時も、家事をする時も気持ちよく過ごせそう」(編集S)

キャミソール¥10,000、ショーツ¥13,000
サロン・ド・ナナデェコール Tel: 03-6434-0965

Profile

スタイリスト木村舞子

この夏はワンショルダーが自分の中でアツいです。只今絶賛引っ越し計画中。気持ちのいい季節ですが、休日はひたすら部屋探し。

 

編集S

2009年からGINZA編集部に在籍。PVCバッグを買ったら、中に入れるポーチやハンカチ、定期入れ、ペンケースも新調したくなった。

ライターM

衣替えのタイミングでハウツーどおりにニットを丁寧にホームクリーニングしたら、かなりいい感じの仕上がりに。新たな趣味になりそう。

Styling: Maiko Kimura Text: Yasuko Mamiya 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)