買い物よ踊れ♡愛しの自腹ショッピングリスト

買い物よ踊れ♡愛しの自腹ショッピングリスト

スタイリスト、エディター、ライターの3人が実際に買ったもの、買っちゃう予定のものをご紹介。日々ファッションに向き合う彼女たちがワードローブに選んだ、ガチな精鋭アイテムはコレ!


 

〈SLEEPY JONES〉

IMB_99DxYZ

「寝苦しいこの季節は、身体を締め付けないパジャマで寝たい!どうせなら上質でかわいいものを…と思い、ずっと欲しくても手が出ずにいた〈SLEEPY JONES〉についに行き着きました。洗練されたストライプ、襟の開き具合とか袖丈とか、ホントに絶妙で、やっぱり気分がアガる。程よくワイドで、気心地も抜群。あとアイマスク、これが使ってみると結構便利なことに気付きました。旦那さんと寝るタイミングが違うと照明の光が気になっちゃったりして。早朝ロケ前なのに寝付けない…なんてストレスを予防できちゃう。お昼寝のお供にも♪」(スタイリスト木村舞子)

ストライプパジャマシャツ ¥20,000、パンツ¥17,000、アイマスク ¥3,700(以上SLEEPY JONES)
THE MOTT HOUSE TOKYO Tel: ︎03-6325-2593

 

〈Maryam Nassir Zadeh〉

IMB_5EFpCz

「あちこちのセレクトショップで見かけて注目しているNYブランド〈マリアム ナッシア ザデー〉。HPのモダンな世界観も素敵で、新作が出るたびにチェックしています。春夏アイテムで気になったのが、このサテンバッグ。ワンハンドルのデザインや小さめのボディに愛らしさが漂いますが、ツヤっとした素材によって、大人っぽく持てるのが◎。メタリックパーツを使わないミニマルさにも惹かれました。華やかな場所でも映えそうなアイテムですが、あえてデニムに白Tとか、ラフな格好に合わせるのが気分!」(編集S)

サテンワンショルダーバッグ H20×W15×D6cm ¥42,000(マリアム ナッシア ザデー)
ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 Tel: ︎03-5778-4003

〈L/UNIFORM〉

IMB_69Ebbs

「デイリーに持つバッグに求める条件は、実用性と上品さを持ち合わせていること。加えてモードな薫りがしたら言うことなし。フランスのバッグブランド〈リュニフォーム〉は、そのバランスが最高。 絶妙な色合いのせいか、ミニマルなフォルムのせいか。シンプルだけど、人と差をつける上質感が漂います。サッチェルバッグってこれまでなんとなく手が出なかったアイテムだったのですが、これはキリッと大人顔で持ちやすそうなところに惚れました。ファブリックとレザーのコンビで、軽くて肩が凝らないのも“買い”ポイント」(ライターM)

スモール・サッチェルバッグ〈NO.43〉H23×W26×D8cm ¥73,000(リュニフォーム)
伊勢丹新宿店 本館1F=ハンドバッグ  Tel: ︎03-3352-1111(大代表)

〈FOX Umbrellas〉IMB_JUpaNP

「〈FOX Umbrellas〉の折りたたみ傘は、“折りたたみ傘感”のなさが好き。傘部分が大きくて、骨の部分がしっかりとした作りで頼もしいんです。節ばった竹製のハンドルは、かっこよくて握りやすい。長傘感覚で使えてしまうのです。そしてなによりのお気に入りポイントは、シックな色み。写真のブルーグレーとオリーブグレーは〈ドワネル〉の別注カラー。こんな色ならどんな装いにもハマる。雨の日のお出かけを楽しみにさせてくれるアイテムです」

折りたたみ傘 各¥17,000(FOX Umbrellas)
ドワネル Tel: ︎03-3470-5007

 

〈ALL BLUES〉

IMB_5vAtHu

「ストックホルム発のジュエリーブランド、〈オール ブルース〉は〈ビオトープ〉で見てひとめぼれ。アクセサリーは取っ替え引っ替えせず、毎日同じものを着ける派なのでシンプルなものが好きなんですが、つるんとしているだけでは物足りない。そんなわがままに応えてくれる、“シンプル/エッジー”のバランスが絶妙なブランド。シルバーのピアスとリングを持っているので、次に狙うのはゴールドのアイテム。ゴツゴツとした岩のようなフォルムのネックレスに、左右カタチが同じでも仕上げがアシンメトリーなピアス。どちらもモチーフ自体は大きくないけど、しっかりとした存在感で着こなしを格上げしてくれること間違いなし!」(ライターM)

ネックレス ¥39,000、ピアス ¥25,000(オール ブルース)
ビオトープ Tel: 03-3444-2421

 

スタイリスト木村舞子

7月は撮影で久しぶりにパリに行く予定!!夏のヨーロッパは日が長くて気持ちがいいので、パリに住んでいる友達と、(最近東京でもよく耳にする)アペロしたいなーと思ってます(笑)。

編集S

昔撮影で訪れた夏の下田の海の美しさを思い出しては「また行きたいな」と恋しく思っていました。ついに今年、白浜の花火大会に合わせて宿を予約。7月号の水着ページを見ながら、水辺の粋なおしゃれを予習中。

ライターM

夏の旅行の予定はまだ立てられていないけど、「旅にあるといいかも」なものはつい買ってしまいます。直近だと〈キジマ タカユキ〉のペーパークロスハットを。バッグに入れられて便利!

Styling: Maiko Kimura Text: Yasuko Mamiya 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)