買い物よ踊れ♡愛しの自腹ショッピングリスト

買い物よ踊れ♡愛しの自腹ショッピングリスト

スタイリスト、エディター、ライターの3人が実際に買ったもの、買っちゃう予定のものをご紹介。日々ファッションに向き合う彼女たちがワードローブに選んだ、ガチな精鋭アイテムはコレ!


 

〈RE/DONE〉

ローファー

「フラット靴ならバレエシューズよりもローファー派。今履いているのがくたびれてきたので、新しいのが欲しいと思っていたところに展示会で見つけたこちらの〈リダン〉とローファーの元祖とも言われる〈G.H.BASS〉のコラボシューズ。スタンダードな黒は絶対に使える鉄板。でもでもパイル素材のレオパード柄もフォトジェニックでかわいい!インソールがふかふかで疲れにくいのもいいんです。リースや撮影の日の定番になりそう」(スタイリスト木村舞子)

ブラックレザーローファー ヒール2cm ¥41,000、レオパードローファー ヒール2cm ¥48,000(共にリダン)
ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店 Tel: 03-5413-3731

 

〈MANSUR GAVRIEL〉

バッグ

「このウォレットは、小銭入れポケット内蔵でお財布として機能しますが、クラッチバッグのようにも使えます。ポイントは、スマホが収まること。それがわかった瞬間に『これは使える!』と飛びついちゃいました。スマホとリップ、お金という最低限必要のものを入れるのにちょうどいいバッグってなかなかな見つからなくて。ハンドルが付いていて腕に通せるのもいい。半月型のシルエットもモダンで素敵!(スタイリスト木村舞子)

ムーンウォレット H13×W23.5×D3.5cm ¥54,000(マンサー・ガブリエル
イーストランド Tel: 03-6712-6777

〈Enasoluna〉

エナソルーナ

「お店でふと目に留まったひとめぼれアイテム。筒状パーツを繊細なチェーンに通していたブレスレットは、シンプルなんだけど他にはない新鮮さがある。試着してみたら肌にすごくフィットして、より魅力的に見えてしまいました。よく見るとパーツの長さがランダムだったり、ゴールドとシルバー両方を使っていたりと、さりげなく凝っているところも気に入っています。日に焼けた肌にさらりと着けたら素敵だろうなあ…!(インドア派だけど)」(エディターS)

トリップブレスレット  ¥25,000(エナソルーナ
エナソルーナ神宮前本店 Tel: ︎03-3401-0038

〈suma-su〉

ランジェリー

「夏の不快感を吹き飛ばしてくれる、軽やかな気心地のブラ&ショートパンツに出合いました。素材は上質なニュージーランド産メリノウール。夏にウールって意外ですが、通気性がよく、熱帯夜でも気心地サラサラ。天然の抗菌・防臭作用もあるんですって。ブラはワイヤーなし、ショートパンツはゴムなしで締め付けも皆無。かといって完全なるリラックスウェア、というふうでもなく、シルクみたいな繊細な質感だからか、どこかシック。これがあのモコモコの羊から生まれた素材とはびっくりです」(ライターM)

ブラ¥17,000、ショートパンツ¥19,000(すます)
フムフム Tel: 03-6228-4206

 

〈COMOLI〉

シャツ

「〈コモリ〉のシャツはワードローブの必需品。今の季節は、冷房対策としていつもバッグの中に入れています。多少クシャっとしても、なんだかサマになってしまうのがこのシャツよいところ。というかそもそも、細番手の糸で織り上げているので、嫌な感じのシワにならないんです。ラフに着ても、洗練が漂うとっても便利なアイテム。年中着回しているので、そろそろもう1枚迎え入れたいところ。狙うは爽やかなサックスブルー」(ライターM)

バンドカラーシャツ¥22,000(コモリ)
ワグ インク Tel: 03-5791-1501

 

〈SUNSPEL〉

キャミ

「キャミソールは毎日着るものだけに、上質なものを選びたい。いろいろ比べてみて、ちょっと値が張っても上質なもののほうが、へたらなくて結局お得ということも実感。〈サンスペル〉はコットンのキャミを愛用しているのですが、次はこのシルククレープ素材のものを買い足したい。ちょっとゆとりのあるボクシーなシルエットやサイドのさりげないスリットが、なんとも素敵なんです。肌寒くなったら、これにざっくりしたカーディガンでも羽織ってルームウェアとして着ても気分がアガるだろうな…♡」(ライターM)
シルクキャミソール¥19,000(サンスペル)
サンスペル 表参道 Tel: 03-3406-7377

スタイリスト木村舞子

撮影でパリに行ってきました。ちょうど着いた日にワールドカップの準々決勝だったので、街中サッカーで大盛り上がり。日本とはまた違う雰囲気でとても新鮮でした!

編集S

夏はたくさん本を読みたい。ダイキリ、ギムレット、マティーニ…好きなカクテルを作って、家に積んである本を片っ端からバリバリと読み下していく所存。

ライターM

今年の夏は「越後妻有アートトリエンナーレ」に行く予定。世界の名だたるアーティストの作品はもちろん、里山ならではのおいしいごはんもたのしみです♪

Styling: Maiko Kimura  Text: Yasuko Mamiya 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)