大平かりん Dear,Girls!世界はファッションで回ってる Vol.2

大平かりん Dear,Girls!世界はファッションで回ってる Vol.2

Share it!

2年に渡って私服スナップを披露してくれた”編アシKO”こと大平かりんさん(「自由すぎる私服スナップ」記念すべき1回目はこちら)。GINZAを卒業し、現在はフリーランスのエディターとして活躍中だ。東京生まれ、東京育ち、ファッションが大好きな彼女の日々を着こなしとともにお届けします。


最近、新聞で見かけるたびに心が沸き立つ言葉が「5G」だ。現在の100倍の速さと言われる、次世代の通信規格。2019年の商用化に向けて、世界の通信キャリアや機器メーカーが身を乗り出している。控えめに言っても、これはヤバそう!特に音楽や映像。速度制限で月末の低速に悩まされることなく、LIVEの画質の低さにテンションが下がることもなく、世界の面白いことにもっとアクセスできて生活が変わりそうな予感がする。

ファッションは「5G」の登場で何か大きく変わるのだろうか?ショーのストリーミング配信が今より鮮明でスムーズになるかな。ファションムービーも楽しくなりそう。中国みたいにライブコマースが盛り上がったりして。色々仕掛けてくる大人は少なくないだろうけど、おしゃれを純粋に楽しむ側の私たちが遊び方を見つけて、楽しみ尽くしたいところだ。

実際のところ、すでに音楽&映像カルチャーが自分のファッションにぐいぐいと押し行っている感じがする。例えば昔はモデルやエディターの海外スナップを見て影響されていたけど、近頃は海外アーティストのインスタがそれに取って代わった。

ここで私のお気に入りを紹介しよう!

 

1.Swae Lee(スウェイ・リー)

ミシシッピ州テューペロ出身の兄弟ラップ・デュオRae Sremmurd (レイシュリマー)の弟の方。ヒッピー×ディスコ×パンクス×レイバーな超ハイブリッドなスタイル。

Do you and your your own dam person. 💰❤️

A post shared by Swae Lee (@swaelee) on

A post shared by Swae Lee (@swaelee) on

 

2.Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)

不機嫌で憂鬱な表情がイケてる16歳のシンガーソングライター。古着、メンズ服、気鋭ブランドをミックスしたラッパーライクなストリートスタイル。サマソニ2018で来日。

i hear u guys screamin my name @govballnyc do it louder and ill come out

A post shared by billie eilish (@wherearetheavocados) on

look at you! needing me! ya know im not ya friend without some greenery🤑

A post shared by billie eilish (@wherearetheavocados) on

 

3.The Regrettes(ザ・リグレッツ)

2017年デビューしたLAの10代による4ピース・ロックバンド。ピンク髪のフロント・ウーマン、リディア・ナイトは17歳。今すぐ真似できそうなレトロ&ポップなスタイルがいい。

@nike @shaunpdx @hellobrigit ❤️❤️❤️

A post shared by The Regrettes (@theregrettesband) on

THANK YOU FOR A BEAUTIFUL COACHELLA FOLKS. #bershkastyle #ad #lol

A post shared by The Regrettes (@theregrettesband) on

自分のワードローブも、さくっと買い足すのはバンドTや映画ネタばかり。

大平かりん ファッション ピンクフロイドピンク・フロイドのバンドTシャツ。正直、あまり聴いたことがない。でもビジュアルかっこいいから良いよね!

大平かりん ファッション デヴィッド・ボウイベックの来日コンサートのグッズT。自宅のパジャマも15年くらい前のベックTなんだ。

大平かりん ファッション デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイ展のグッズトートバッグ。よく街ゆく人とカブります。みんなボウイが大好きだね。

大平かりん ファッション ストレンジャーシングス-勝手にストレンジャー・シングス×ハリー・ポッターという奇跡のコラボ。

大平かりん ファッション レザボア・ドッグスタランティーノの『レザボア・ドッグス』。最高のユーモアと配役とセンス。ミスター・ブラックは私よ!

 

ん〜どうなるんだろう、5Gの世界。

いよいよ1日24時間じゃ足りなくなってきた!

大平かりん Karin Ohira

GINZA編集部を経て、現在はファッションや音楽企業のデジタルマーケティングを手がける。「最新」と名のつくものに弱く、コンビニの新作商品、最新映画、ヒットソング、新聞の時事ニュースに目がない。
Instagram @ko365d

関連記事

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント