SEARCH GINZA ID

ウォーク オブ シェイムのシースルートップスをデザイナー・関根深雪さんが自由に着まわし

ウォーク オブ シェイムのシースルートップスをデザイナー・関根深雪さんが自由に着まわし

ワンパターンになりがちな手持ちのアイテムたち。かっこいいけどこの服どう取り入れたらいいの?そんなお悩み解決してもらいましょう!街のおしゃれさんがGINZAのセレクトアイテムで着まわし!脱ファッションマンネリ化〜

 

TAN キャミソール 着回し

今回の着まわしアイテム
〈WALK OF SHAME〉のトップス

トップス 自由に着まわし
トップス¥27,000(ウォーク オブ シェイム|ザ・ウォール ショールーム) 03-5774-4001

眩しいほどヴィヴィットなビタミンカラーのトップス。身体のシルエットを描くようなユニークな線のステッチがアクセントになり、一枚で着ても華やかに。シースルーだから、もちろん袖や裾からちらりと見せるだけでも◎。レイヤードを存分に楽しめるアイテムはパズルのように組み合わせを駆使して楽しみたい。

TAN キャミソール 着回し

着回す人:関根深雪さん
デザイナー
Instagram: @seckey0048

着まわしコーディネート

「子供の頃、リカちゃん人形の洋服を作っていたのが、ものづくりのきっかけかもしれない」と語る関根さんは〈A LITTLE TOO SERIOUS〉のデザイナー。ブランド名は、自身が“TOO SERIOUS(真面目すぎる)”ことから命名したそう。そんな彼女は、問題集などをこなしていくのが好きで、英語の勉強をするのがマイブームとのこと。

TAN キャミソール 着回し

シルバーやメタルを効かせて

インナーを透かしてみせるのもひとつの手。中には、自身のブランド〈A LITTLE TOO SERIOUS〉のベビーピンクのキャミソール。ふわっとした色の組み合わせには、メタル素材でぐっと引き締めて。古着のデニムのパーツやチェーンアクセサリーがパンチに。カジュアルすぎないよう大人な雰囲気の〈ARIELLE DE PINTO〉のサンダルでブレーキを。

TAN キャミソール 着回し
まるでパンジー!とことんフェミニンに

パッと目を引く鮮やかなパープルのスカートを合わせれば、きれいめスタイルに。中に着た黒のタンクトップが色味をうまく調和。つま先の“TP”の文字がポイントになったフラットシューズは〈THEATRE PRODUCTS〉のもの。

TAN キャミソール 着回し
アンバランスはさじ加減が肝

ゴールドの細いリムが印象的なユーズドのトゥーブリッジ眼鏡。クラッシュ加工とアシンメトリーな形で大胆な〈odd_〉のビスチェ。個性光る小物はその塩梅が重要になってくる。同系色でまとめた時は、淡白なカラーがすっと馴染む。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年12月号
2020年11月12日発売

GINZA2020年12月号

No.282 / 2020年11月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
新鮮なアイテムが必ず見つかる!
メンズ服の可能性

いま気になるのは
メンズファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)