エンフォルドのイエローニットを ykoさんが自由に着まわし

エンフォルドのイエローニットを ykoさんが自由に着まわし

ワンパターンになりがちな手持ちのアイテムたち。かっこいいけどこの服どう取り入れたらいいの?そんなお悩み解決してもらいましょう!街のおしゃれさんにGINZAのセレクトアイテムを着回してもらいました!脱ファッションマンネリ化〜

 

今回の着まわしアイテム
〈ENFOLD〉のイエローニット


27,000(エンフォルド 03-6730-9191)

GINZA2018年1月号33ページ掲載

大きくとったリブと、落ちた肩、広めの袖幅が絶妙なフェミニンさを醸し出している〈エンフォルド〉のニット。こっくりとした黄色は、着てみると意外にも肌馴染みが良いし、大人っぽい。短めの丈はハイウエストのボトムスとの相性抜群。

着回す人:ykoさん
フリーランスPR
Instagram@yko_yuiko

フリーランスのPRとして、国内ブランドのPRを手がけるykoさん。ベースになるのは女性らしいスタイルですが、ピリッと効かせる小物遣いに関西出身の個性を感じます。大阪に帰った際にもよくお買い物をするそうで、お気に入りの古着屋は「itimi」と「jammru」。

ユニークなデザインパンツをイエロートーンでおまとめ

レザーの太さがコントラストを強調するベルトは〈フィリップ・リム〉、パイソン柄の〈コンバース〉は高校生の頃から持っているものだそう。インパクト大な〈kishidamiki〉のパンツは、胸まで上げてオールインワンとしても着れる2WAY仕様!個性的なパンツも、イエロ~ベージュトーンで揃えて大人っぽく着こなした。


カジュアルモードなデニムスタイル

デニムスカート、ニットのインに白Tシャツを覗かせたカジュアルなスタイル。子供っぽく見えがちな黄色やデニムといったアイテムも、丈感やシルエット、シューズの選び方でここまでシックに。ベルトがモードなデニムスカートは〈ネペンテス〉。クリアヒール×ダスティピンクの組み合わせが可愛いブーツは〈ZARA〉で購入したものだそう。


腰を冷やさない!おしゃれで実用的なウエスト周り

着こなしが難しそうなビンテージのキルティングパンツ。ウエストに無造作に巻いたのは、〈リトルスージー〉のビスチェ!「腰回りをおしゃれにカバーしてます」とykoさん。ニットにキルティング、優しい素材感で遊んだリラックススタイルに。ネイルは神田の「アング」、手元のゴツめのアクセサリーは〈ACE by morizane〉のもの。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)