【スタイリスト仲子さんの”小物ファースト”宣言】ちょっと派手かも?〈ノイズ〉の赤いサングラス

【スタイリスト仲子さんの”小物ファースト”宣言】ちょっと派手かも?〈ノイズ〉の赤いサングラス

「朝起きたら、靴決めて、そっから服を考える」昨年解散した某アイドルグループのメンバーがそうつぶやいていた。今日はどうしてもこのサングラスを身につけて出かけたいの!!!! という欲望は間違いじゃない。小物ファーストな日は誰にでもあるもんです。

ちょっと派手かも?赤いサングラス。

to start from sunglasses

09_007

サングラス¥33,000(ノイズ×ジョンローレンス サリバン|アルファPR)、ニット¥67,000(マルツィオーリ|ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)パンツ¥93,000(ヴィカ カジンスカヤ|ユナイテッドアローズ 原宿本店)、シューズ(ヒール5.5cm)¥42,000(MARCOMONDE)

 

「幸せな時間を色で表現している」というサングラスは、〈n8ise(ノイズ)〉というアイウエアブランドのもの。ドメスティックブランドで経験を積み、昨年独立したデザイナーが手がけている。日本人の控えめな目鼻立ちにもしっかりフィットする、美しいデザインも魅力のひとつだ。さあ、〈ノイズ〉と《ジョンローレンス サリバン〉がコラボレーションで作った赤いサングラスをかけて出かけよう。フレームの赤が、悪目立ちしないかしら? ドキドキドキ。

「そんなお悩みは無用です! 全身ピンクにすればいいんです。洋服とサングラス、お互い主張しあいながら、美しく馴染む着こなしです」。

激しく喧嘩をして、夕日を見ながら仲直りをする……、そんな調和のとれた着こなし。

「今年の開運カラーはピンク。ピンクを着ると良いらしいですよ」。

なるほど! 試さない手はない。今年もあと3ヶ月ですけどね♫

 

スタイリスト 仲子菜穂
Nao Nakako
漫画とお酒をこよなく愛するスタイリスト。トラッドやワークといったメンズ由来の着こなしに、モードなエッセンスを効かせたスタリングに定評がある。ときにインテリアやプロップを手がけることも。

Text:Harumi Hino Styling:Nao Nakako Photographer:kimyongduck

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)