SEARCH GINZA ID

菅沼愛が〈ロエベ〉ハンモックバッグとこの春行きたい「tufting studio KEKE」

菅沼愛が〈ロエベ〉ハンモックバッグとこの春行きたい「tufting studio KEKE」

〈ロエベ/LOEWE〉のアイコン「〈ハンモック バッグ〉が似合いそうな人」をお題に、アイナ・ジ・エンドさんから始まったスナップリレー。DJ/ビートメイカーのLicaxxxさんが、「フォルムの変化や絶妙な色柄を楽しめるだろう人」と紹介してくれたのは、スタイリストの菅沼愛さん。「ハンモックバッグ スモール」を持った私服スナップとともに、このバッグを携え出かけたい場所を教えてくれました。


Licaxxxから
「ハンモック」を持ってほしい人リレー

普段からLicaxxxさんのスタイリングを担当。アナグラム ロゴがジャカードで表現された〈ハンモックバッグ スモール(アナグラムジャカード&カーフ)〉には、自身のトレードマークである色柄を駆使したスタイルで臨む。

「柄のセットアップにスカートを重ねて、ピンクを効かせました。ジャケットとスカートは古着。ハイブランドと古着のミックスにはまっています」

ハンモックバッグ スモール(アナグラムジャカード&カーフ)¥319,000/その他*本人私物

ハンモックバッグ スモール
(アナグラムジャカード&カーフ)

カラー: NAVY / BLACK
サイズ: W13.5×H25×D30cm
¥319,000

 

ハンモック バッグを持って
行きたい都内の場所は?

〈ロエベ〉を語る上で欠かせないキーワードが、“クラフトマンシップ”。1846年にスペインで創業以来、卓越した職人技に裏打ちされた製品を生み続けているからこそ、遊び心のあるデザインも映える。

菅沼愛さんが都内でクラフトマンシップを感じる場所は?ハンモックバッグを持ってこの春出かけたい、注目のスポットを教えてもらった。

「タフティングスタジオのKEKEに行きたいです!自分で一からデザインしたラグを作ることができるんです。周りで体験しに行っている友人も多く、もともとDIY好きなのもあってとても気になっています」

菅沼愛 すがぬま・あい

1994年埼玉県出身。2015年小山田孝司氏に師事し、17年独立。Licaxxxさんとは、プライベートでも一緒に動物園に行ったりする仲。「良き姉さんという感じですね」。

Photo: Shu Yamamoto (suganuma), Miyu Yasuda(bags) Text&Edit: Itoi Kuriyama Text: GINZA

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)