SEARCH GINZA ID

アーティスト・DEADKEBAB「グラフィックをきっかけに会話が弾むのも楽しい」|愛してやまないトートバッグ vol.2

アーティスト・DEADKEBAB「グラフィックをきっかけに会話が弾むのも楽しい」|愛してやまないトートバッグ vol.2

折りたためて携帯できるエコバッグは今や世の必需品。機能性はもちろん、グラフィックやデザインで個性をアピールするのにももってこい!トート・ラヴァーのクリエイターに、センスを刺激してくれるバッグを見せてもらいました。


 

DEADKEBAB
アーティスト

「バッグは基本、トートかリュックを愛用しています。スタジャンを着ている時など、バックプリントを見せたい時はトートを選ぶことが多いですね。アーティストの友人も多いので、展示を訪れる度にプリントトートを購入し、気づけばけっこうな数が集まりました。グラフィックをきっかけに会話が弾むのも楽しい。大好きなアーティスト、MQのバッグを持ってオーストラリアとコロンビアへ旅した時は、MQファンの外国人と友達になれましたよ!」

愛してやまないトートバッグ 「Upstairs Records & Bar」オリジナルトート

DEADKEBABがイラストを提供した「Upstairs Records & Bar」のオリジナルトート。ちょうどレコードが30枚入るサイズ感だとか。

 

愛してやまないトートバッグ 〈ANYTIME ANYWHERE〉

自転車に乗る時に欠かせないのが〈ANYTIME ANYWHERE〉のバッグ。丈夫な軍物の生地、巾着型で物が落ちる心配もなし。

 

愛してやまないトートバッグ 〈ATON〉ビッグトート

「中型犬が入りそうなサイズ!」と話す〈ATON〉のビッグトート。物を詰めすぎず、くたっと持つのがお気に入り。

 

愛してやまないトートバッグ MQのトートバッグ

NYを拠点に活躍するグラフィティライター、MQのトートバッグは、代官山のギャラリー「JINKINOKO」で購入。

 

チャーミングバスターズとは?

90年代のアメリカで使われたスラング。女の子がなぜか惹かれてしまう人気者の男の子のこと。ジェンダーレスな今、おしゃれでその存在が魅力的なGINZAガールズを敬意と親しみを込めてチャーミングバスターズと呼んでいます。

DEADKEBAB デッドケバブ

1985年、東京都生まれ。イラストレーション、ペイン ティング作品を制作。ヒップホップユニット「DEADKEBAB & PSY CHIC$」ではMC を担当する。

Instagram→ @deadkebab

Photo: Marimo Ohyama Text&Edit: Sakiko Fukuhara Cooperation: Jazz Kissa Masako, ROSE shimokitazawa

GINZA2021年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年6月号
2021年5月12日発売

GINZA2021年6月号

No.288 / 2021年5月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
ワードローブ愛がいっぱい
クローゼットスナップ!

おしゃれなみなさん
クローゼット開けてもいいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)