SEARCH GINZA ID

〈エムシーエム〉が韓国人アーティストのサム・バイ・ペンとコラボレーション。大胆なグラフィティが光る

〈エムシーエム〉が韓国人アーティストのサム・バイ・ペンとコラボレーション。大胆なグラフィティが光る

ドイツのラグジュアリーライフスタイルブランド〈エムシーエム〉が2021年春夏に届けるのは、ポップなグラフィティが踊るコレクション。気鋭のコリアンアーティスト、サム・バイ・ペンとのコラボレーションによるものだ。バッグだけでなく、洋服やライフスタイルアイテムも揃い踏み!


オーソドックスで硬派なイメージ。それが逆にミレニアルズたちの心を掴み、ストリートからモードまで幅広く愛用されている。ミュンヘン生まれの〈エムシーエム〉だ。

ドイツの文化や伝統を受け継ぐ〈エムシーエム〉は今季、大胆でカラフルなグラフィティをのせたラインナップを発表。ソウルを拠点とする現代美術家サム・バイ・ペンとのコラボレーションが実現したのであーる!ストリートアート感溢れる大きな「MCM」ロゴと、その周りの何やら怪しげな(でもかわいい!)動物たちがキャッチーなことこの上ない。

サム・バイ・ペンが基本とするのは、既存のモチーフを作品に取り込むアプロプリエーション手法。いわばパロディーで、「ミシュラン ガイド」のビバンダム(あの、白いタイヤくんです)の頭を、ボールペン「BIC」のキャラクターの頭(丸いツヤツヤくん)に変えた作品などで評価を受けてきた。

けれど彼が表現するのはおかしみだけではない。たとえばUSB頭のビバンダムがフロッピー頭のビバンダムの首を絞めていたりと、様々な要素は時にシニカル&示唆的に融合する。サム・バイ・ペンは、共産主義の香り残るポーランドと、資本主義のメッカであるニューヨークの両方に住んでいたそう。この経験から、価値観と価値観がその中で出合っているような、印象的なグラフィックが生まれるのだろう。

さて、今回のコレクションを飾るポップな3匹の動物たち。彼らにもストーリーがある。3匹は、ベルリンからソウルへ旅をしているそう。キャラクターの着想源はそれぞれドイツ文化の中にあり、伝統的イメージがここでまた、皮肉交じりに再解釈されているのだ。

なんとも稀有な、ストリートカルチャーとラグジュアリーが合わさったコレクション。いろいろ書きましたが、たとえ歴史やアートを知らなくても、一目見て「かわいい!」と思える。そういう力のあるアイテムたちです。

【「MCM×SAMBYPEN」インフォメーション】

【取り扱い店舗】

「MCM GINZA HAUS2」
住所: 東京都中央区銀座4-2-2
Tel: 03-5159-6555
営業時間: 11:00〜20:00(無休)
*緊急事態宣言下も、休業要請の面積以下のストアのため、営業予定。

「MCMオフィシャルオンラインストア」

「阪急モードオンラインストア」

「三越伊勢丹オンラインストア」

*緊急事態宣言解除後、各百貨店内〈MCM〉ショップでも展開予定。

お問い合わせ: 03-5159-6555(MCM GINZA HAUS2)

公式ホームページ

Text: Motoko KUROKI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2021年6月号
2021年5月12日発売

GINZA2021年6月号

No.288 / 2021年5月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
ワードローブ愛がいっぱい
クローゼットスナップ!

おしゃれなみなさん
クローゼット開けてもいいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)