SEARCH GINZA ID

〈N.ハリウッド〉デザイナー/尾花大輔はリストウォッチの替えベルト。ファッションのプロが愛用するアイテム vol.1

〈N.ハリウッド〉デザイナー/尾花大輔はリストウォッチの替えベルト。ファッションのプロが愛用するアイテム vol.1

もの選びひとつにも独自のセンスや嗜好があふれている、男の愛用品。私たちが取り入れるうえでのアドバイスも聞いてみた。#ファッションのプロが愛用するアイテム


リストウォッチの替えベルト

尾花大輔
〈N.ハリウッド〉デザイナー

尾花大輔さん 替ベルト

ラバーやナイロンなど、素材はさまざま。時計専門店だけでなく、今ではウェブやオークションサイトでも掘り出しものが見つかる。

 

手持ちの時計を、自分らしくアレンジする

10代の頃からヴィンテージにのめり込んできた尾花さんが、大人になった今も日常的に楽しんでいるのが、手持ちの腕時計に替えのベルトを装着するアレンジ術。

「1970〜80年代のさまざまな腕時計の替えベルトを中心に収集して、今では50本ほど所有しています。時計を丸っと1本買い替えなくても、ベルトを付け替えるだけで、いつもとは違う新鮮な気分で過ごせます」と、まだ女性にはなじみがないテクニックを披露。これならコスパも良く、おしゃれの幅が広がりそうだ。

「ここに並べたベルトは、どれも町の時計店やオークションで購入したものです。“時計”は文字通り、古くは時間を記すことしかできない道具だったため、当時のベルトには、温度計や方位磁石、カレンダーなど、用途や職種に合わせたさまざまな機能が搭載されています。そこも、この年代のベルトの面白いところ」と、時計の歴史にも触れられる。

「これだけ数があっても、実際に付け替えるのは年に何度かです」と、気に入ったものをとことんヘビロテする漢らしい嗜好を持つ。その日の気分で身につけるものを変えたりする女性の方が、むしろのめり込むテクニックかもしれない。気負わずに、挑戦したい!

 

Profile

尾花大輔 おばな・だいすけ

1974年神奈川県生まれ。古着店でキャリアをスタートし、ショップマネージャー、バイヤーを経験。2001年〈N.ハリウッド〉を設立。10年からNYでコレクションを発表。

Illustration: Tatsuya Koiso Text: Keiichiro Miyata

GINZA2020年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年7月号
2021年6月10日発売

GINZA2021年7月号

No.289 / 2021年6月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
クリエイターたちの住居
夏のお部屋訪問

すてきなお部屋41軒
夏の家庭訪問です!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)