SEARCH GINZA ID

スタイリスト/三田真一は〈シュプリーム〉のネックポーチ。ファッションのプロが愛用するアイテム vol.3

スタイリスト/三田真一は〈シュプリーム〉のネックポーチ。ファッションのプロが愛用するアイテム vol.3

もの選びひとつにも独自のセンスや嗜好があふれている、男の愛用品。私たちが取り入れるうえでのアドバイスも聞いてみた。#ファッションのプロが愛用するアイテム


シュプリームの ネックポーチ

 三田真一
スタイリスト

三田真一 ネックポーチ

ミリタリーバッグを小型化したような、その見た目。ワンタッチ式のアジャスターになったストラップを外すと、ポーチに早変わり。

 

スニーカールックのお供に

電子マネーの普及により小型バッグ需要がますます高まるなか、メンズでは首から下げるネックポーチといったアクセ感覚で持てる新種のバッグが注目されているようだ。

「色や素材、付属まで、ギアっぽい見た目が気に入り購入しました。根っからのスニーカー好きの私にとっては、バッグ選びひとつも慎重になってしまいます。足元から着こなしを考えたとき、スニーカーの日は、どこかにスポーツギアっぽいものをプラスワンするとバランスが整う。そんなときに重宝する逸品です」と、新種のネックポーチを複数愛用。

「ストリート人気も相まって、女性の間でもスニーカーブームが長らく続いていますが、一方で、バッグはいつものレザー素材を合わせている方が多いように感じます。ただ、それだと、足元だけが浮いて見えてしまって、どこか物足りないコーディネートになってしまう」と、レディスのスタイリングも数多く手がける三田さんらしいアドバイス。

「携帯や財布などの必需品が収まる今の時代にちょうどいいサイズなので、日常使いから旅行まで、本当に活躍の機会が多い。スニーカーをはかない日は、ストラップを外してバッグインバッグに。女性は、コスメポーチにもぴったりなサイズだと思います」

 

Profile

三田真一 みた・しんいち

1975年東京都生まれ。97年に独立後、渡英。ロンドンを拠点に活動を行い、2001年に帰国。ファッション誌、広告、ミュージック・ヴィジュアルを主に手がけている。

Illustration: Tatsuya Koiso Text: Keiichiro Miyata

GINZA2020年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年7月号
2021年6月10日発売

GINZA2021年7月号

No.289 / 2021年6月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
クリエイターたちの住居
夏のお部屋訪問

すてきなお部屋41軒
夏の家庭訪問です!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)