SEARCH GINZA ID

〈オールモストブラック〉デザイナー/中嶋峻太はアーミージャケット〈PCU level7 type1〉。ファッションのプロが愛用するアイテム vol.8

〈オールモストブラック〉デザイナー/中嶋峻太はアーミージャケット〈PCU level7 type1〉。ファッションのプロが愛用するアイテム vol.8

もの選びひとつにも独自のセンスや嗜好があふれている、男の愛用品。私たちが取り入れるうえでのアドバイスも聞いてみた。#ファッションのプロが愛用するアイテム


アーミージャケット〈PCU level7 type1〉

中嶋峻太
〈オールモストブラック〉デザイナー

中嶋峻太さん ジャケット

このスペックで、価格は5万円ほど。このコスパの高さも本格的なミリタリー服の魅力。コンパクトにまとまり、旅先までの持ち運びも便利。

 

本格ミリタリー服で、何を買うべきか教えます

アウトドアギアや軍用品から、日常使いに適した服を見つけ出すメンズらしい審美眼にあやかれるように、ミリタリー好きの中嶋さんには、冬に最適の防寒着を教えてもらった。

「極寒の雪山まで対応する、米軍独自の基準が設けられた7段階のレイヤリングシステムのなかで、もっとも防寒性を備えたレベル7に該当するのが、このアーミージャケット〈PCU level7 type1〉です。-46℃から4℃まで対応し、100回以上洗っても、その撥水性と防風性が衰えない強靭な作りになっています」と、このスペックが味わえるのは、雪山をフィールドにする特殊部隊用に開発された本格的なアーミージャケットならでは。

「ミリタリーがトレンドということもあり、さまざまなレディスブランドでも、このジャケットをベースにしたアウターが登場しています。ただ、やはり基となった“本物”には敵わない。日本の冬なら、中はTシャツ1枚でも良いくらいです。中綿がたっぷり詰まった、このボリューム感ですが、超軽量な化学繊維のためストレスを感じない。XSからXXLまでサイズ展開があり、女性はXSを選べば、程よいビッグシルエットに。ウエストの内側に付いたドローコードをグッと絞ると、女性らしいXラインで着こなせます」

 

Profile

中嶋峻太 なかじま・しゅんた

1982年愛知県生まれ。2006年〈ラフ シモンズ〉でデザイナーアシスタントを務め、帰国後〈N.ハリウッド〉に入社。15年、川瀬正輝と〈オールモストブラック〉をスタート。

Illustration: Tatsuya Koiso Text: Keiichiro Miyata

GINZA2020年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年8月号
2021年7月12日発売

GINZA2021年8月号

No.290 / 2021年7月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
新感覚
コレクター白書

おしゃれな人たちの
集めているもの見せて!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)