SEARCH GINZA ID

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1

歴史ある服をアップデートし続けるメンズ特有のアプローチ。スタイリスト石井大さんに今年らしい定番を教えてもらった。

「ワークウェアやストリートカルチャーから派生したメンズ服は、一点取り入れるだけで個性が出るので、ほかは主張し過ぎないアイテムを合わせるのがコツ。一歩間違えると、“頑張り過ぎ”に見えてしまうので注意を。どれも着こなしの“ノイズ”と捉えて、マンネリ化したファッションから脱却して新たな“自分流”を見つけるきっかけにしてほしい」

 

ピッチまでこだわり抜く
 PHIGVELのボーダーTシャツ

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1 PHIGVELのボーダーTシャツ

「メンズブランドで探すと、色が甘くなく、絶妙な配色のものが見つかります」。なかでも一目置くのが、普遍的なアメカジを提案し続ける〈フィグベル〉。「永遠の定番柄であるチェックとボーダーを扱わせたら、デザイナーの東野英樹さんの右に出る人はなかなかいない。ありそうでない1枚が見つかります」。¥33,000(フィグベル | プロッド)

 

チェックの配色には一家言あります
 COTTON PANのCPOシャツ

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1 COTTON PANのCPOシャツ

町田の古着店「ダンジル」が手がけるオリジナルブランド〈コットンパン〉のCPOシャツは、「素材へのこだわりがすごい」と石井さんも目を丸くする。「ヴィンテージのチェック生地とフリースを縫い合わせた防寒性抜群の作りで、驚くほど軽い。ここなら、一点もの並みのレアな服が手に入る」。¥49,500(コットンパン | オーバーリバー)

 

もう、手ぶらで街を闊歩できる
O -のスリーピーパーカ

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1 O -のスリーピーパーカ

「できれば、バッグは持ち歩きたくない。そんな身軽に動きたい人も唸る収納力!」というスリーピーパーカは、表裏に6つのポケットを搭載。中綿には、防寒に適したプリマロフト®を配し、名前の由来でもある、“眠くなるほどの暖かさ”を備えている。これ1枚で、毎日がさらに快適になる。目を惹くピンクも素敵。¥121,000(オー | オーバーリバー)

 

ストリート系でない人にこそぜひトライしてほしい
NEIGHBORHOODのグラフィックTシャツ

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1 #NEIGHBORHOODのグラフィックTシャツ

「着やすいというよりは、ぜひ“挑戦してほしい”」と選んだ、日本を代表するストリートブランド〈ネイバーフッド〉の1枚。「男らしいハードコアなロゴが、女性らしさを際立たせる」と、新しい視点でスタイルを提案。「たとえばピンストライプのスラックスで、格好よくキメてほしい」。¥8,800(ネイバーフッド | ネイバーフッド ハラジュク)

 

長袖と半袖のレイヤードギミックに
Evisen Skateboardsのサーマルカットソー

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1 #Evisen Skateboardsのサーマルカットソー

「スケボーブランドの中でも、特に品がある!」。そう太鼓判を押す、〈エビセン スケートボード〉の1枚。肩のラインに沿うラグランスリーブのため、オーバーサイズでも美シルエットで着られる。なかでも、新色のラベンダーがおすすめ。「ニュアンスのあるカラーで女性に似合う」。¥13,200(エビセン スケートボード | KINARI inc.)

 

余った袖はロールアップで調整
WILLY CHAVARRIAのフィールドジャケット

スタイリスト石井大さんがすすめる、メンズ服のベーシック vol.1 #WILLY CHAVARRIAのフィールドジャケット

メキシコ系アメリカ人のギャング集団、チカーノから着想を得た〈ウィリー チャバリア〉は、すべてがビッグシルエット。「新作のフィールドジャケットの身幅は、従来の1.5倍ほど。軍服をベースにしながら、実際にはあまり用いられない黒で、モダンな印象に仕上がっています」。¥63,800(ウィリー チャバリア | ジェットン ショールーム)

Profile

石井 大 いしい・だい

1985年福島県生まれ。「普通の中にあるリアリティ」をスタイリングで追求。独自の世界観が宿る。本誌のほか、ファッション分野を中心にメンズ誌でも活躍。

Photo: Miu Yasuda Illustration: Yuta Mihira Text: Keiichiro Miyata

10月号

GINZA2022年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)