石田真澄が撮る情緒的な8月 早朝、秋を思いつつの朝涼み

石田真澄が撮る情緒的な8月 早朝、秋を思いつつの朝涼み

Share it!

夏は早朝が好きだ。気温がぐんぐんと上がる前、都会の人々が暑い暑いと口にし始める前。ぽっかりと空いた穴のような、静かで少しだけ涼しい時間を味わいに、早起きをして近くの公園へ。

とにかく暑かった今年の夏だけど、8月も半ばを過ぎれば、吹いてくる風は「あれ、もしかしたら秋がくるかも」とふと思わせてくれる。まだまだ暑いけど、夏の気分はもう終わり。プールに海にビール、花火に読書。この夏やりたかったこと、今年はいくつできたかな?

そんな8月をもっと楽しむレディのための、今月のムードボード。

FH040031のコピー

MOOD BOARD FOR AUGUST

海やプール、何回行けばいいの?と毎年いくつも欲しくなる水着。2着目以降は普段の洋服選びとは違う色に挑戦できるよね。トップ¥13,000、ショーツ¥11,000 *ともに11月店頭展開予定(ナゴンスタンス|バロックジャパンリミテッド ☎︎03-6675-5942)

韓国のブランド〈ハロミニウム〉のハットは、セミマットな質感がカジュアルなのにちょっぴりモードな気分。トップにあいた穴はループストッパーで調節できて通気性もバッチリ。ハット 50,000ウォン(ハロミニウム halominium.com)

「夏休み」をテーマに、アーティストの加賀美健とWHAMがコラボ。涼しげなペットボトルのフォトプリントに、真夏の大敵、蚊が描かれたナンセンスな夏を感じるTシャツ。 ¥ 5,500(HARE|アダストリア ☎︎0120-601-162)

ドリンクホルダーに収納できる、グッドデザインなテイッシュをオートバックスで発見。夏のレジャーのお供に、こんなデザインが出てきたら素敵じゃない? ¥199(ゴードン ミラー|オートバックスお客様相談センター ☎︎0120-454-771)

スパンと円形の上部をカットしたかのようなモダンなデザインのサングラス。掛けている存在を感じさせないほど軽量!かつ高強度。一見奇抜なデザインだけど、掛けてみるとすんなり顔に馴染む。サングラス 各¥38,000(アヤメ ☎︎03-6455-1103)

ギリシャに本拠を置く国際海事法人がブランディングする〈セラピス〉。海や海運をインスピレーションに作られるアイテムはギリシャ語も相まってユニークなデザインに。シルクスカーフはどんな季節にも大活躍。¥24,000(セラピス|ショールーム ウノ ☎︎03-5545-5875)

シンプルな夏の装いに涼しく寄り添うメタルの輝き。韓国のメタルブランド〈SEOUL METAL〉のシルバーリングは、高いデザイン性と手頃な値段が魅力。週末の弾丸旅行で買いに行ってみる? 左リング:127,000ウォン、右リング:88,000ウォン(ソウルメタル seoul-metal.com)

いくら暑いからといって毎日素麺ばっかり食べていたらバテてしまうように、ファッションにもたまにはパワーが必要だ。いつもの白Tを、スパンコールやフェザーで華やかにアップデート。Tシャツ¥14,000、フェザートップ¥32,000(ともにトゥ エ モン トレゾア ☎︎03-6427-6813)

イベントの多い夏は荷物少なく、お財布も最小限に!存在感抜群なメタリックな素材で夏の太陽をキラキラと反射。PORTERとのコラボコインケース 各¥6,000(グッド オル ☎︎03-6873-5451)

あ。今、ちょっと涼しい風が吹いた。こんな少しのことで、秋服へのスイッチが入るから不思議。涼しくなる準備万端で、夏の最後を満喫しよう。コート ¥92,000(ローズアンナ|Diptrics ☎︎03-5464-8736)

FH030011のコピー

モデル着用分: ハット ¥23,000(TAH|TAH TOKYO ☎︎03-6276-6955)、トップス ¥36,000、デニムパンツ ¥25,000(マーガレット・ハウエル|アングローバル ☎︎03-5467-7864)、タンクトップ ¥7,200(エイトン|ヴァリアス ショールーム ☎︎03-3475-4920)、サンダル スタイリスト私物

石田真澄 Masumi Ishida

写真家。1998年生まれ。2017年5月自身初の個展「GINGER ALE」を開催。2018年2月、初作品集「light  years -光年-」をTISSUE PAPERSより刊行。雑誌などでも活動の幅を広げる。
masumi-ishida.com

Photo: Masumi Ishida , Kaori Ouchi(product)  Styling: Arisa Tabata Hair & Make-Up: Ryoki Shimonagata Model: Tomoka Ishihara Text: Aguri Kawashima

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント