【スタイリスト仲子ちゃんの妄想T・P・O】年上の彼を陥落させる、ギャップあるデートスタイル

【スタイリスト仲子ちゃんの妄想T・P・O】年上の彼を陥落させる、ギャップあるデートスタイル

ファッションにおいて大切なこと。それはT・P・Oです。誰です? Tシャツ、パンツ、オールインワンとか言ってるの!T・P・Oとは、time(時)、place(場所)、occasion, opportunity(場合)に合わせて、服装を選ぶこと。最近ではさらにもひとつP(person:人)も加えて、同行する人に配慮した服装も重視されてるわよね。
というわけで、スタイリスト仲子ちゃんが妄想シチュエーションに合わせて、TPOコーディネートを指南するわ。参考になさって♡今回は「デートスタイル」がテーマです。

ギャップあるデートスタイル

she’s wanna-be cool woman.

03_002

ドレス¥46,000(アキラ ナカ|ハルミ ショールーム)、メガネ¥37,000(ミュウミュウ|ミラリ ジャパン)、ソックス¥17,000(パン&ザ ドリームス)、ブーツ(ヒール7.5cm)¥109,000(マリアム ナシア ザディ|共にロンハーマン)

ギンザ(以下ギ)「仲子さん、仲子さん、今回のテーマはなんですか?」

仲子(以下仲)「もしも、年上メンズと初デートに行くなら何着てく? です。初デートはどんな相手でも緊張するもの。しかも年上ですから、どう攻めるか! がポイントになるわけです」。

「なるほど。仲子さんは童顔の可愛い系だから、小動物系愛されキャラでいきますか?」

「ダメダメ。そのままじゃダメなのよ。ギャップこそが異性をトリコにする媚薬なんだから。そこで、モードな服を嗜むGINZAガールの皆さんにおすすめなのが、ボディコンシャスなニットワンピースでーす」。

「結構タイトですね。ヒールでクールに決めちゃいますか?」

「ワンピースだけで十分クールウーマンなので、可愛さのスパイスをひとさじ、足元に加えましょう。チュールの高級ソックスです!」

03_004

「これ、17,000円って書いてありますよ」。

「高級なチュールを手縫いで仕上げたラグジュアリーなソックスですから、否応にも所作にしなやかさが生まれます。なめらかな素肌の上にスルスルと、チュールソックスは滑らせて」。

「あー踵がガサガサでチュールソックスが滑りません!

「あらあら、ダメウーマン。お洒落はアイテムだけじゃなく、ボディのメンテナンスもお忘れなくよ。仕上げは《miu miu》の新作アイウェアで、GINZAガールらしくインパクトを狙うのです。さあ、ファビュラスでプレシャスなデートを楽しんで!」

03_005

 

スタイリスト 仲子菜穂
Nao Nakako

漫画とお酒をこよなく愛するスタイリスト。トラッドやワークといったメンズ由来の着こなしに、モードなエッセンスを効かせたスタリングに定評がある。ときにインテリアやプロップを手がけることも。

Text:Harumi Hino
Styling:Nao Nakako
Photographer:kimyongduck

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)