【スタイリスト仲子ちゃんの妄想T・P・O】呼び出されてすぐ駆けつけました!でもオシャレな居酒屋スタイル

【スタイリスト仲子ちゃんの妄想T・P・O】呼び出されてすぐ駆けつけました!でもオシャレな居酒屋スタイル

ファッションにおいて大切なこと。それはT・P・Oです。誰です? Tシャツ、パンツ、オールインワンとか言ってるの!T・P・Oとは、time(時)、place(場所)、occasion, opportunity(場合)に合わせて、服装を選ぶこと。最近ではさらにもひとつP(person:人)も加えて、同行する人に配慮した服装も重視されてるわよね。
というわけで、スタイリスト仲子ちゃんが妄想シチュエーションに合わせて、TPOコーディネートを指南するわ。参考になさって♡今回は「オシャレな居酒屋スタイル」がテーマです。

オシャレな居酒屋スタイル

she’s wanna-be friendly girl

06_011

パーカー¥12,000、キャップ¥6,000(ともにカルトクラブ|シック)、パンツ¥25,000(アンユーズド|アルファPR)

06_004

Tシャツ¥6,800、ニット帽¥5,000(ともにカルトクラブ|シック)、パンツ¥4,600(エリック ハンター|メイデン・カンパニー)

仲子(以下仲)「ギン子ちゃん、こないだの歌舞伎デートはいかがでしたか?」

ギンザ(以下ギ)「あ、仲子ちゃん。おかげさまでお洋服も褒めてもらって会話も弾んでいい感じなんだけど、家が近所なのが発覚して……」

「やだ、素敵じゃないですか!」

ギ「そうでもないの。昨晩も突然近所の居酒屋に呼び出されて、もうパニック! 校了あけで髪ボサボサだし、居酒屋に何を着て行ったらいいのか分からないしで、ミニワンピに一張羅のライダース着て行ったら……、葛城ユキかって爆笑されて(泣)」

「かわいそうに。そんなギン子ちゃんにはこれをプレゼントしちゃいます。」

「家でDVD見てろってか!?

「やだなあ、違いますよ。家にいる→呼び出される→すぐに来る、でもオシャレ。そのオシャレのさじ加減が大事なんです。キラッキラのドレスで家にいる女とくつろぐ我が家、想像できますか?」

「イヤカモ。」

「でしょう! 話題性の高いメンズブランドをダボッと着て、華奢見えを狙うんです。ボサボサの髪も帽子でカバーすれば問題なし。」

「仲子ちゃんって意外と計算高い女……?」

「そんなことありません。このトップスは世の中の才能をつなぐアートコレクティブ《カルトクラブ》のもの。Tシャツとスウェットのイラストはレゲエ好きの父親が所有するCDジャケットを、13歳の男の子が模写したものだそうです」

06_014

「絵心どころか完全アート! すごい少年だ。」

「話題性もバッチリ! ご近所飲みの席で彼と絵心対決して盛り上がっちゃってください。」

06_016

飲みすぎて締め付けがちょっと、となったら解放されるファスナー付き❤︎

 

スタイリスト 仲子菜穂
Nao Nakako

漫画とお酒をこよなく愛するスタイリスト。トラッドやワークといったメンズ由来の着こなしに、モードなエッセンスを効かせたスタリングに定評がある。ときにインテリアやプロップを手がけることも。

Text:Harumi Hino
Styling:Nao Nakako
Photographer:kimyongduck

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)