バナナタイムのシルクシャツetc. 今月のGINZAP!

バナナタイムのシルクシャツetc. 今月のGINZAP!

Share it!

GINZA編集部が気ままにザッピングした〝旬なもの〟いろいろ


〈ENFÖLD〉

レディの必需品、白ブラウスもギャザーがいっぱいだと可愛い。

オーバーサイズの白シャツもいいけど、ブラウスも大好き。こんな素敵な一品を見つけましたよ。ウェストを絞る、か細いリボンはもちろん、すずらんのように膨らんだ袖口がなんと可憐なこと。これは、もしや、ひょっとして、モテるんじゃないか?
¥29,000(エンフォルド │ エンフォルド 03-6730-9191)


〈BANANATIME〉

アムステルダムから毎日ラグジュアリーを謳う。

リュクスなものを気兼ねなく毎日着られたら、なんて素敵だろう。そう、ラグジュアリーなものは大体気を使う。バナナタイムのシャツはたっぷりとしたサイズ感で、シルクが全身を包む。リラックス感と高級感が共存する、究極の日常着。
¥82,000(バナナタイム │ オー! ショールーム 03-5774-1408)


〈HESPERIOS〉

 

ブランドのあり方を問うNY発ライフスタイルブランド。

〈ヘスペリオス〉が提案するのは、アルパカやカシミヤなど厳選した素材から編み上げた上質なニットウェア。他にも、オランダ人アーティスト、バブス・ハーネンが手がけた陶器をエクスクルーシブで展開するなど、文化的な側面も持ちあわせているのが新しい。さらに自然環境や労働環境にも目が行き届く。
ニット ¥49,000、ノート 各¥5,500、鉛筆*セット ¥1,500、陶器 大 ¥230,000、陶器 小 ¥95,000(以上ヘスペリオス │ RHC ロンハーマン 045-319-6700)


〈ROSEANNA〉

上下レースで合わせて 夏と秋の間をいったりきたり。

涼しくなったら、暑さが戻り。そうやって季節は深まっていくもの。はちみつ色のレースのセットアップが狭間の時期は一役買ってくれるよ。気温によって中はキャミソールか長袖のハイネックで。
上 ¥52,000、下 ¥68,000*参考価格(共にロゼアンナ │ ディプトリクス 03-5464-8736)


〈AESOP〉

素敵なオイルバーナーでお家でホッと一息入れたい。

ナイスルッキングなオイルバーナーは、淑女のお部屋にぴったり。好みのオイルを凹みに数滴垂らして、ろうそくで熱すれば香りが空間に広がる。デザインオブジェとも言えるこちらのお品は、長年イソップのコラボレーターであるヘンリー・ウィルソン・スタジオが手がけたそう。合わせてシトラスとウッドの香りが心地いいベアトリス オイルバナーブレンドも9/25に発売。
左 ¥18,000、右 ¥3,800(共にイソップ │ イソップ・ジャパン 03-6434-7737)


〈MOONSTAR × STUDIO NICHOLSON〉

スタジオ ニコルソン〉が 140年以上靴を作るメーカーと。

控えめな佇まいとマットな単色が光る、昔ながらの 製法によるスニーカー。日本のシューズメーカー 〈ムーンスター〉によるもの。新色のダブグレーは、シックな装いやワントーンのコーディネートにはまりそう。うん。こういうの、履きたくなるね。
¥16,000(スタジオ ニコルソン │ キーロ 03-3710-9696)

Photo: Yoshio Kato Text & Edit: Aika Kawada

GINZA2018年10月号掲載

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント