SEARCH GINZA ID

フォトグラファー/高橋ヨーコ:彼女なりのこだわりとスタイルがきちんとある|この人、ほんとにおしゃれなんです!vol.8

フォトグラファー/高橋ヨーコ:彼女なりのこだわりとスタイルがきちんとある|この人、ほんとにおしゃれなんです!vol.8

おしゃれのプロ=スタイリストが注目する私服が素敵な女性。さりげない中に個性が光る人、最新モードをまとう強者など、推薦の弁と本人コメントには自分らしい装いのヒントが。スタイリストがラブコールを送るファッショニスタ8名を連載で紹介。#この人、ほんとにおしゃれなんです!


ラブコールを送る人

金子夏子

スタイリスト

服はもちろん、車も家もすべてに
一貫したスタイルを感じる」

「若い頃に仕事で知り合ったヨーコさん。今では気心の知れた友人でもあります。似合うものをよく知っていて、服だけでなく車も家も、彼女なりのこだわりとスタイルがきちんとある。昔からまったく変わらないのに古くならないのは、さりげなくカスタムしてパーソナルに仕立てたり、少しずつブラッシュアップしているから。ベーシックでシンプルな着こなしは意外と難しい。それがおしゃれに見えるって、実はすごいことだと思うんです」

 

高橋ヨーコ

フォトグラファー

高橋ヨーコ ブロンコ

shirt_VINTAGE (PENDLETON) sweater_ACOTE t-shirt_NO BRAND pants_ENGINEERED GARMENTS knit cap_NO BRAND glasses_MOSCOT pendant_ZOË CHICCO watch_VINTAGE (OMEGA) socks_MARCOMONDE sneakers_SHOES LIKE POTTERY

「愛車のブロンコさん(1972年製)に合わせたコーディネート。シャツは車と同じ70sの古着で子ども用。ほころびも直して着ています。新しい服は恥ずかしくて着られないので、妹に1年ぐらい着てもらうことも。気にしているのはサイズ感。セーターの下のTシャツは、裾から少しだけ白が出るように丈を直して。昔から自分にだけしかわからないルールがあって、小学生の頃は『シャツの襟はパリッとしてないと』とアイロンで糊つけをしてました(笑)。冬はニットキャップが基本なので、前髪にボリュームが出るようにパーマをかけています」

 

高橋ヨーコ たかはし・よーこ

1970年京都府生まれ。2010年に渡米し、サンフランシスコを拠点に活動。18年写真集『WHITE LAND』を刊行。20年3月、愛車とともに帰国。Instagram: @yoko1970

Photo: Kiyoe Ozawa Text&Edit: Naoko Sasaki

GINZA2021年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年8月号
2021年7月12日発売

GINZA2021年8月号

No.290 / 2021年7月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
新感覚
コレクター白書

おしゃれな人たちの
集めているもの見せて!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)