通勤服の上級テク!GINZAガールのためのお仕事ファッション講座 #03 「カジュアルウェアをオフィス服に」

通勤服の上級テク!GINZAガールのためのお仕事ファッション講座 #03 「カジュアルウェアをオフィス服に」

人生で多くの時間着ている「働くため」の服。ビジネスマナーに則るとコンサバになりがちだけど、GINZAガールたるものおしゃれも楽しみたい。そんな規範を逆手にとって、スタイリスト上杉美雪さんと「お仕事服の最適解」を考えました!


「カジュアルウェア」をきっちり着て、
オフィス服に昇華させる

gz06_0149

DENIM
リジッドデニム/ネクタイ代わりの 黒ハイネック
スリムストレート/武骨なサイドゴア

デニムを通勤服にするには洗いのかかっていないリジッドデニムを選ぶこと。セットアップのように上下ともにデニムでそろえます。そして一番大事なのは着崩さないこと。Gジャンのボタンはすべて留め、パンツは体のラインに沿う細身しかはかないというルールを死守しましょう。デニムジャケット ¥26,000、デニムパンツ〈NEW STANDARD〉 ¥20,000(共にアー・ペー・セー | アー・ペー・セー カスタマーサービス)/中に着たトップ ¥38,000(ウォルフォード | ウォルフォード銀座並木通り店)/バッグ ¥74,000(ビルディングブロック | デューン)/シューズ ¥75,000(トリッカーズ | ブラミンク)

 

親しみのあるカジュアルアイテムで
オフィスへGO!

 

〈3ピースの一部と考えるTシャツ〉

gz06_17_0411_GINZA_39631_ok

BLACK T-SHIRT
薄手、なめらかな黒T

女性がフォーマルに着こなせる、「黒T」の可能性に着目。まずはごわつきのないなめらかな無地をチョイスしましょう。〈アダム エ ロペ〉のビスチェ&センタープリーツパンツは、ジャケットもそろう3ピースのアイテム。ジャケットを黒Tシャツに代え、少しリラックスさせたスタイリング。ビスチェ ¥12,000、パンツ ¥22,000(共にアダム エ ロペ | ジュンカスタマーセンター)/中に着たTシャツ ¥15,000(エンフォルド)/シューズ ¥59,000(ロベール・クレジュリー | アクアガール代官山)

 

gz06_17_0411_GINZA_39644_ok

LONG T-SHIRT
Tシャツドレスはウエストマークが肝心

エフォートレスな着心地で、週末やホリデーに活躍するロング丈のTシャツドレス。コルセットベルトで体のラインを出すことで背筋を伸ばして、シックにスタイリングできる。足元はヒールを履くとセクシーになりすぎるので、マニッシュなスリッパがちょうどいい。コルセット ¥16,000、パンツ ¥27,000(共にケイ シラハタ | スタイリング/)/Tシャツ ¥18,000(ザ・リラクス)/バッグ ¥31,000(ジャンニ キアリーニ | エストネーション)/シューズ ¥39,000(エーティー・ピー アトリエ | ウィム ガゼット青山店)

 

〈ウエストインがマストのボーダー〉

gz06_17_0411_GINZA_39658_ok

NARROW HORIZONTAL STRIPE
細やかなピッチ

薄手の生地の〈サンスペル〉のボーダーはお仕事向きの1枚。エレガントな麻素材のタイトスカートにインし、ボディラインを出す。ボーダーTシャツ ¥9,500(サンスペル | サンスペル 表参道)/スカート ¥48,000(マディソンブルー | マディソンブルーヘッドストア)/バッグ ¥40,000、付け替えストラップ ¥10,000(共にトフ アンド ロードストーン | ティーアンドエル)/ストッキング ¥3,800(ピエールマントゥー | ステッラ ピエールマントゥー事業部)/スニーカー ¥18,000(フミカ_ウチダ × フィグベル | クリフ)

 

gz06_17_0411_GINZA_39684_ok

PATTERN × PATTERN
スタンダードな柄同士を合わせる

ボーダーT×ピンストライプパンツ×ドットスカーフ。柄同士でも、スタンダードでメンズライクなパターンを選んで、ワントーンで仕上げることでオフィス仕様に。旬のオーバーサイズTシャツもインして着るのが重要。足元はポインテッドトゥを選んで、洗練ムードをプラスして。ボーダーTシャツ ¥16,000(コモリ | アルファPR)/ワイドパンツ ¥50,000(ブラミンク)/スカーフ ¥15,000(マーガレット・ハウエル | アングローバル)/シューズ ¥44,000(ペリーコ | ウィム ガゼット青山店)

 

〈モノトーンに限定するラインパンツ〉

gz06_17_0411_GINZA_39664_ok

WITH A SHIRT-DRESS
ジャケット代わりにシャツドレスでヒップを隠す

裾絞りのジャージーパンツはラフに着るのではなく、ドレスアップする感覚を忘れずに。だからトップはロング丈であることが重要です。胸元は第1ボタンまできっちり留める代わりに裾は大きく開け、歩くたびにラインパンツを見せることがポイント。色調はスタイリング全体でモノトーンに仕上げましょう。ロングシャツ ¥54,000(エブール)/パンツ ¥9,000(スナイデル | スナイデル ルミネ新宿2店)/シューズ ¥29,000(ジーエイチバス&コー | フィガロ パリ 東京ミッドタウン店)

 

gz06_17_0411_GINZA_39670_ok

I LINE SILHOUETTE
ジレを合わせてIラインを強調

センタープリーツ入り、黒地に白の〈アストラット〉のラインパンツはシックにはける1本。夏に向けての季節、フォーマルに昇華するための羽織りものとしてホワイトジレが便利。ジレ ¥37,000(エンフォルド)/中に着たニットトップ ¥23,000(サヤカ デイヴィス | ショールーム セッション)/パンツ ¥23,000(アストラット | アストラット 青山店)/バッグ ¥40,000(ヴァジック | アダム エ ロペ)/シューズ ¥37,000(ビューティフル シューズ | ギャラリー・オブ・オーセンティック)

Photo: Yusuke Miyazaki (model_SEPT), Naoki Seo (item)
Styling: Miyuki Uesugi (3rd)
Hair: KENICHI for SENSE OF HUMOUR (eight peace)
Make-up: KOUTA (eight peace)
Models: Lisa V
Text&Edit: Kaori Watanabe (FW)

 

 

GINZA2017年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)