SEARCH GINZA ID

PERIMETRONと巡る Gucci Garden Archetypes 01

PERIMETRONと巡る Gucci Garden Archetypes 01

2021年、ブランド創設100年を迎えたGUCCI。アニバーサリーイヤーの締めくくりにふさわしい、その世界観へと浸ることのできる展覧会「Gucci Garden Archetypes」が東京・天王洲で開催されている。13の部屋からなるエキシビションを、クリエイティブレーベル「PERIMETRON」のプロデューサー佐々木集、映像作家OSRIN、グラフィック&プロップデザイナー森洸大、デジタルアーティスト神戸雄平の4名が巡った。細部にいたるまでブランドの精神が宿った空間の連続。クリエイターならではの視点とともに各部屋の見どころをお伝えします。


PERIMETRONと13の部屋

13の部屋を4回にわたってご紹介します。

ROOM0-2: 裏側からのスタート
ROOM3-5: LAから東京へ
ROOM6-9: グラフィックの遊び心
ROOM10-12: “ファッション”と対面

 

Gucci Garden Archetypes展

Archetypesとは、“イメージの源”の意。2015年秋冬コレクションよりアレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブディレクターに就任して以来、広告キャンペーンはグッチにとってのArchetypesであった。アレッサンドロによる6年間のキャンペーンのイメージがさらに拡張され、13の部屋として現れた本展覧会では、グッチの源へとより近づき、体感し、思い思いに空想の旅へと出ることのできる贅沢な空間が広がっている。

Gucci Garden Archetypes展

10月31日(日)まで開催中。
会場: B&C HALL・E HALL(東京都品川区東品川2-1-3)
時間: 11:00-20:00(金・土・祝前日は21:00まで)
*最終入場は閉館時間の30分前まで
入場: 無料、事前予約制 *グッチ公式アカウントより要事前予約
問い合わせ: グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177

PERIMETRON ぺりめとろん

2013年、音楽家常田大希がYouTubeチャンネルを開設、映像を公開し始める。2016年、プロデューサーの佐々木集と映像作家のOSRINが参加し、クリエイティブレーベルとして始動。グラフィック&プロップデザイナーの森洸大、デジタルアーティスト神戸雄平をはじめ、10名のクリエイターを擁する。King Gnuやmillennium paradeなどのアートワークやMV、ライヴ演出を手がけるほか、多方面との協業も行う。

www.perimetron.jp

佐々木さん:パンツ¥137,500/OSRINさん:コットンパンツ¥143,000、ホースビットレザーサンダル¥123,200/森さん:コットンパンツ¥143,000、ソックス¥25,300、ホースビットレザーモカシン¥123,200/神戸さん:シルクサテンボウタイブラウス¥115,500、ウールモヘアパンツ¥115,500、ベルト¥72,600、ファー付きレザースリッパ¥145,200(以上グッチ|グッチ ジャパン クライアントサービス)0120-99-2177

その他*すべて本人私物

Photo: Wataru Kitao

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2021年11月号
2021年10月12日発売

GINZA2021年11月号

No.293 / 2021年10月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
結局最後はヘアスタイル!
ファッションとの密接な関係

ヘアスタイルが決まれば
すべてうまくいく

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)