SEARCH GINZA ID

プチバトーから、新鋭クリストフ・ランフとのコラボアイテムが誕生!

プチバトーから、新鋭クリストフ・ランフとのコラボアイテムが誕生!

子供から大人まで幅広い世代のデイリーウエアを展開するフレンチブランド〈プチバトー〉。毎年お馴染みとなったコラボレーションのお相手は、若き新星クリストフ・ランフ。家にいながら空想の旅に出かける、そんな服をイメージした今季限りのホームウエアがラインナップする。


イエール国際フェスティバルとは?

2020年に35回目を迎えたフランスはイエールで行われる、世界的に有名な若手デザイナー達の登竜門。それがイエール国際モード&写真フェスティバルである。〈プチバトー〉は、毎年春に開かれるこのコンペディションとパートナーシップを結び、その年のファッション部門でのグランプリ受賞者に、翌年〈プチバトー〉から自身の名前が入ったコラボレーションアイテムを発表する権利を与えている。昨年のグランプリに輝いたのは、26歳の若きデザイナー、クリストフ・ランフ。彼がその栄冠を手にしたのだ。

 

コレクションテーマは
「空想上の旅へ」

今回のカプセルコレクションでは、自分の家でゆったりとくつろぎながら、空想の中で瞬時に旅へ出かけることができるような服をイメージ。その日常のくつろぎからバカンスを連想させ、シダレヤナギの枝に風が吹き抜ける様子をリボンで表現するなど、独特の想像力でアイテムを作り上げた。こちらのガウンのように羽織れるワンピースにもそのディテールが使われている。

船乗りを意味するこちらのマリニエールの半袖プルオーバー。胸元にあるポケットは、切手から着想を得た富士山の日本画が描かれている。これは空想上の旅への招待状をプルオーバーで表現したもの。日本はクリストフ自身も訪れてみたい憧れの国なんだとか。また、2枚セットのトランクスには、今コレクションでシンボリックに使われるシダレヤナギのモチーフをプリント。

フォルムを自在に操るのが得意とするクリストフは、カラーマジックにも長けた才能を発揮。紺と白のカラーブロックでコントラストを際立たせたり、そこへボーダーを組み合わせて立体感を演出したり。こちらの真っ赤なTシャツは、彼自身がクリエーションの中でよく用いる破壊や混乱の概念を体現したもので、枝をプリントしたリボンの装飾と絶妙なマッチングを見せている。

問い合わせ

プチバトー

プチバトー・カスタマーセンターTel. 0120-190-770
ONLINE STORE

Photo:Hiromichi Uchida(The Voice) Styling:Arisa Takeda Hair & Make-up:Takae Kamikawa(mod’s har) Model:Michiki Text&Edit:Yu-ka Matsumoto

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)