SEARCH GINZA ID

〈レイ ビームス〉のとっておきアウターで、旬の秋冬コーデを完成させる

〈レイ ビームス〉のとっておきアウターで、旬の秋冬コーデを完成させる

「ノスタルシック」を今季のテーマに掲げる〈レイ ビームス〉。どこか懐かしさを感じさせる柄や素材。これらを現代的に解釈し、再構築した秋冬アイテムが並ぶ同ブランドのラインナップで、いまチェックしたいのは、丈感も、デザインもさまざまなアウター!


まず目を引くのは、トレンド素材・スライバーニットを使用したハーフコート。羊毛などの素材を糸にしてから織るのではなく、繊維をそのまま編み込む特殊製法から生まれるスライバーニット。繊維を異なる色に染めてから編み込み、メランジカラーに仕上げた〈レイ ビームス〉のニット素材が、ほどよくヴィンテージ感を醸し、「今」っぽさとの絶妙なバランスを演出できる。

2022-23年秋冬コレクションでは、ハードな印象を払拭するレザーづかいが注目された。オフホワイトのパテントフェイクレザーなら、その優しい色と光沢感によって、レザーコートが優美なイメージに。

スタンダードなシルエットを入手した後に欲しくなるアウターといえば、ブルゾン。今季はケープ風や、パフがあしらわれたタイプなど、ひねりの効いたブルゾンが登場。〈レイ ビームス〉では曲線を描くステッチを入れることで、ピスタチオカラーのブルゾンに味足し。

続いては、フェイクムートンのステンカラーコート。フェイクファーは、技術の進化によって、よりリアルに見えるものが製造できるようになったことから、ラグジュアリーメゾンも積極的に取り入れている注目素材の1つ。フェイクムートンといっても、あったか、もこもこで、着心地は抜群。

床を引きずるほどのマキシ丈にも熱視線が注がれる今季。ロングドレスの上から纏うコートも、同じくロング丈で合わせて。

中に着るトップスやボトムだけではなく、アウターを含めて総スタイリングしてこそ、旬のコーディネートは完成する。自分らしいとっておきのスタイリングでトレンドアウターを取り入れて、冬のおしゃれを存分に楽しもう。

【レイ ビームス】

Tel: 03-5368-2191(レイ ビームス 新宿)

公式HP

特設サイト

Text: Ayako Tada

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)