エディター福田真梨のNYコレクションレポート。Think Pink!2018春夏はピンクレディになりたい

エディター福田真梨のNYコレクションレポート。Think Pink!2018春夏はピンクレディになりたい

NYFWで発表された2018SSのコレクション。中でも気になったカラーは断然ピンク!といっても、そのトーンや、コーディネートへの取り入れ方はブランドによって千差万別。ということで、第二弾は、印象に残った個性豊かなピンクルックをピックアップで徹底検証!お気に入りはどのピンク?

〈トム フォード〉のグラマラス・ピンク

NYFWオフィシャルスタート前日、9/6に発表された〈トム フォード〉の最新コレクション。フロントロウにはジュリアン・ムーアやキム・カーダシアンなどトップセレブリティが集合した。熱い視線が注がれる中、ドラマティックに始まったショーは、はじまりからピンク3連投!

TOM FORD SPRING/SUMMER 2018: ARRIVALS + SHOW

(All photos: Jarrett Olivo/ Courtesy of Tom Ford)

03_WSS18_LOOK_1

やんちゃな少年のようであり、個性的なクールビューティで人気のビンクス・ウォルトンが羽織ったのは、ピークドラペルが印象的な〈トム フォード〉のお家芸ともいえるシャープなジャケット。光沢感あるパールピンクが上品で、メタリックブラウスと共にスポットライトを浴びてキラキラと輝きを放つ。

 

04_WSS18_LOOK_2

続いて、ボディスーツに、ルーズフィットのパンツを腰履きで!夏にはピタっとボディスーツをトップスとしているおしゃれなニューヨーカーを見かけ、気になっていたスタイル。ハイウエストパンツは一旦お休みで、来年こそは、こんなルックをベージュピンクで挑戦したい。

 

05_WSS18_LOOK_3

そして、長年トップモデルの座に君臨するジョーン・スモールズが登場。ヴィヴィッドピンクのジャケットが、まぁなんて美しい!素材感の違うピンクのグラデーションの各アイテムは、無駄な装飾を削ぎ落とした究極のシンプリシティ。ベースカラーを春色の万能色ベージュピンクに置き換え、上質なアイテムで、狙うは洗練されたいい女!

 

06_WSS18_LOOK_7

凛々しくセクシーでエレガントなコレクションに魅了されつつ、中でも、最もハートを鷲掴みにされたのが、オールインホットピンクのこちらのルック。しなやかにトロンと落ち感のあるオールインワンに、パワーショルダーのジャケットで背筋を正して。ピンクが着たい!こんな風に思いきり全身ピンクで!

ファッションデザイナーとして、また映画監督としても、独自の研ぎ澄まされた圧倒的な世界観を確立するトム・フォード。最新コレクションは、同日にローンチされた新しいフレグランス名通り、まさに「ファッキング・ファービュラス」!グラマラスなピンクルックに心酔し、NYFW開幕から興奮気味の一夜となった。

コレクションの全貌はこちらから!


〈プラバル・グルン〉のロマンティック・ピンク

先シーズンのコレクションでは、フェミニストTシャツシリーズを発表したことでも話題となった〈プラバル・グルン〉。会場には、「THIS IS WHAT A FEMINIST LOOKS LIKE」(これがフェミニストの姿)と書かれたメッセージTを着ているゲストも並んだ。ファッションといっても洋服だけでなく、根本にあるデザイナーのエシカルな考え方にも重きをおく傾向の強いアメリカにおいて、プラバル・グルンは、NYFWの中で重要なデザイナーのひとり。女性の魅力を緻密に引き出す彼の最新コレクションでも、やっぱり注目カラーはピンク!

Prabal Gurung SS18 New York Fashion Week september 2017

(All photos courtesy of PRABAL GURUNG, LLC)

フリルとくるみボタンをあしらい、たっぷりとしたシフォンが魅力的なラッフルブラウス。コルセットを彷彿とさせるようなハイウエストのミニショーツも、ピオニー・ピンクに揃えた。今季は「夢」がインスピレーションの出発点。ただそれは寝ぼけ眼でぼんやりと見るものではなく、まるで現実のように広がる色鮮やかでロマンティックな世界。

 

Prabal Gurung SS18 New York Fashion Week september 2017

2パターンのマルチカラーボーダーを合わせたホルターネックのシルクドレス。スリットが入り、歩くたびに裾が美しくなびく。風に揺れて青空に旗がはためくようで、ネパールで育った彼が子供の頃に見たという風景に重なる。アクセントとなっているシューズのイエローも、今季注目カラーのひとつ。

 

Prabal Gurung SS18 New York Fashion Week september 2017

フローラルドレスはボタンを外し、ウエストをチラ見せ。ペプラムラインには、遊び心あるエッジが加わり、ヘルシー&セクシーに。「身につけた時にしっくりと自分に似合うと感じるように、今こそ、女性自身が自らの価値観でそれぞれの美を表現する時なんだ」とプラバルが語るように、この1枚は、強さを兼ね備えた、まさに現代のフェミニンルック。

 

Prabal Gurung SS18 New York Fashion Week september 2017

Prabal Gurung SS18 New York Fashion Week september 2017

今季から、日本が誇るジュエリーブランド〈TASAKI〉 のクリエイティブ・ディレクターにも就任したプラバル・グルン。彼が手がけるファーストコレクションは、ブランドのルーツである真珠とダイヤを使用し、ハンドクラフトで再現した流線的なシルエットがモダンな仕上がりに。2つの世界観がぴったりとマッチし、思わずうっとり。

「明るく、カラフルで、でも時には矛盾することもある、そんな世界にいつか僕らは住みたい。それは、先入観なく、憎しみもなく、偏見もない世界」。社会派デザイナーが唱えるピュアで真っ直ぐな美しさは、観るものの心に響く。

全ルックはこちらから!


〈フェンティ プーマ バイ リアーナ〉のスポーティ・ピンク

2016年秋冬のローンチから、毎シーズン、サプライズたっぷりなのが、歌姫リアーナが手がける〈フェンティ プーマ バイ リアーナ〉。今回も会場に着くなり、このセットが目の前に。やっぱりピンク!

FENTY PUMA by Rihanna Spring/Summer 2018 Collection - Runway + Atmosphere

(All stage photos by Dimitrios Kambouris/Getty Images for FENTY PUMA By Rihanna)

ショーが始まると、まずはフリースタイルモトクロスライダーが坂を駆け登り、宙を舞う!舞う!舞う!想像をはるかに超えた演出に、ゲストもみな思わず叫び、テンションはマックスに。

FENTY PUMA by Rihanna Spring/Summer 2018 Collection - Runway + Atmosphere FENTY PUMA by Rihanna Spring/Summer 2018 Collection - Runway + Atmosphere

(All runway photos by JP Yim/Getty Images for FENTY PUMA By Rihanna)

リアーナが描いたのは、「モトクロスとサーフという2つの世界観のミックス」。陸と海を全速力でライドする2つの異なるスポーツの融合は、斬新でフレッシュ。ウェットスーツやドライビングパンツを彷彿とさせるアイテムの大胆なグラフィックは、直球でインパクトたっぷり。サーフブーツをアレンジしたようなネオンピンクのシューズには、クリアヒールにプーマのキャットマークが!

 

FENTY PUMA by Rihanna Spring/Summer 2018 Collection - Runway + Atmosphere

今季からスイムウェアがラインナップに仲間入り。ということで、こちらのスタイリング、やはり気になる!ビーチやプールだけではもったいない。来年のフェスシーズンは、ボディスーツに腰履きパンツの重ね着で参戦決定。

 

FENTY PUMA by Rihanna Spring/Summer 2018 Collection - Runway + Atmosphere

オフショルダーのボディコンシャスなドレスは、レースアップのスリーブでツイストを効かせて。ピンクは、アクセントとしてネオンカラーを挟むのがリアーナ流。リストバンドのような首元のアクセサリーにも注目しつつ、やっぱりイエローも2018SSのキーカラー!

 

BESTPIX: FENTY PUMA by Rihanna Spring/Summer 2018 Collection - Runway + Atmosphere

(Photo by Brian Ach/Getty Images for FENTY PUMA By Rihanna)

フィナーレには、待っていました!リアーナがバイクに乗って登場!ファッションショーの枠を超え、まさに一大エンターテインメイトとして忘れられないビッグイベントとなったコレクション。NYFW演出部門は、ぶっちぎりのナンバーワン!バッドガール、リリは、みんなを虜にさせる方法を知っている。

ムービーはこちらから!

Profile

福田真梨 Mari Fukuda

エディター&ライター。出版社の編集者を経験した後、フリーランスに。現在はNYを拠点に活動中。NYFW期間中に、ちょっと立ち寄った本屋「Printed Matter」で購入したマルセル・デュシャンのインタビューをまとめた一冊『MARCEL DUCHAMP THE AFTERNOON INTERVIEWS』(Calvin Tomkins著) に感銘。ノンストップ二度読み!どんな質問も興味深く返してしまうレジェンドの視点にあっぱれ。ということで、最近は、もっぱらアーティストのインタビュー集を読み漁っております。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)