今日は何着てどこへ行く? GINZAガールズのとっておきのセルフコーディネート オシャレな彼女と仲間たち

今日は何着てどこへ行く? GINZAガールズのとっておきのセルフコーディネート オシャレな彼女と仲間たち

Share it!

GINZAガールズに設定別でいつものおしゃれ仲間と一緒に とっておきのセルフコーディネートで登場してもらいました。


ライブ後に夜遊び

haru. 黒田零 Sharar Lazima セルフコーディネート GINZAガール

(右)Sharar Lazima  学生

「いつもキラキラした光りものをコーディネートに取り入れるようにしています。透け素材のトップと、スリットで動きやすさも考えたタイトスカートは古着。アウターの下はけっこう薄着。楽ちんなブーツが冬の足元の基本です。毎日つけているピアスで顔まわりの印象は変えず、今日はパールのネックレスで首元を引き締めました」

(中央)黒田 零  学生、フォトグラファー

「ライブに行くのは私の日常。毎日だったり、少なくとも週に2〜3回は行きますね。背が低いのでステージが見やすいよう、厚底靴がマストです。今日は〈ラッドミュージシャン〉のビッグブルゾンに、〈オープニングセレモニー〉の変形トップをコーディネート。大切な知人から譲り受けたネックレスは肌身離さず身につけています」

(左)haru.  学生、HIGH(er) magazine編集長

「大学の後輩、零ちゃんと、音楽つながりで仲良くなったShararは、約束してなくてもライブでばったり会える2人。会場の熱気で暑くなってもすぐ脱ぎ着できる。かつ動きやすく、ラフな服装でライブに出かけます。〈ジースター〉のブルゾンに〈アー・ペー・セー〉のストレートパンツ。〈デプト〉で購入した赤いパーカを差し色にしました」


週末はワンマイルでリラックス

横田美憧 木村舞輝 松木育未 NATANE GINZAガール セルフコーディネート

(右)横田美憧  モデル

「モデル仲間のみんなとは本当に仲良し!集まる時は代々木公園でピクニックしたり、とにかくずっと喋っています(笑)。普段から黒と白の服ばかり着ていますが、今日はダボッとしたシルエットで週末っぽいラフなスタイル。靴は〈コンバース〉が私の定番です。最近はベレーやキャップ、ロシアン帽などをよくかぶっていますね」

(中央右)木村舞輝  モデル

「人とかぶるのが好きじゃないので、週末のご近所スタイルにも柄や色を加えて個性をアピールするように心がけています。〈アダム エ ロペ〉のトップに、〈アニエスベー〉のタートルをレイヤード。古着のガウンになじむパープルとオレンジで色のバランスを意識しました。美憧と同じく、帽子をかぶらないと落ち着かないタイプです」

(中央左)松木育未  モデル

「モノトーンでまとめた動きやすくシンプルなコーディネートが多いです。大好きなボーダー柄のトップにウールパンツ、レースアップシューズでフレンチカジュアルな雰囲気に。週末は近所でふらふらお買い物したり、みんなと会ったり!美憧と舞輝が騒いでいて、私とNATANEがそれを冷静に眺めてるっていうのがお決まりのパターン(笑)」

(左)NATANE  モデル

「服のリメイクが趣味で、最近は襟をカットオフしてクルーネックにすることにハマっています。あとスカーフも集めていて、上手にコーディネートに取り入れられるよう、日々研究中。今日はモックネックの襟もとからスカーフをちょこっとのぞかせてみました!ビッグショルダー&ショート丈のバランスが面白いデニムアウターもお気に入り」


友達と写真展のレセプションへ

メイリン ZOMBIE-CHANG Amy GINZAガール セルフコーディネート

(右)Amy  モデル

「母の友人が手作りで編んでくれたシノワズリーニット。普段からドットとチャイナモチーフ、レオパード柄が大好き。“写真展のレセプションへ”っていうシチュエーションを考えて、きちんと感が残るように、全身をモノトーンでまとめてみました。メイリンとちゃんと話すのは初めて!想像以上にユニークで笑いがとまらない……(笑)」

(左)メイリン  アーティスト

「カジュアルなイメージを持たれることが多いので、普段からかちっとしたトラッドスタイルを心がけています(天の邪鬼な性格なので…笑)。今日はボーイズサイズのジャケットにスラックス、ポロニットでおめかし。自転車もすぐこげるように、赤い靴下にパンツをインしています。クールなAmyといるとなんだか落ち着く。早く家で一緒に鍋しようね!」


ボーイフレンドとお買い物

河北桃子 makoto 有莉沙 GINZAガール セルフコーディネート

(右)河北桃子  モデル

「今の季節にマッチしたベロア素材のチャイナドレスの上からタイトスカートをレイヤード。太めのベルトでウエストマークして、タウン仕様にカジュアルダウンさせました。〈ウィ ラブ カラーズ〉のシアーソックスとベルトの色味を統一したのもちょっとしたこだわり。休みの日は大好きな純喫茶でゆっくり過ごすことが多いです」

(中央)makoto  モデル

「長かった髪をばっさり切ってから、自分らしさを大切にするようになりました。メイクも引き算に、服装もどんどんシンプルになってきた気がします。“ボーイフレンドとお買い物”っていう設定でも、自分に似合うものを第一優先に!L-2Bのインナーに〈アディダス〉のジャージーをレイヤード。ブーツからのぞかせた靴下のピンクが差し色です」

(左)有莉沙  モデル

「モノトーンが大好きで、ワードローブのほとんどは白か黒。今日はワンピースから白ブラウスの襟をのぞかせて、デートなので少しだけ女の子らしさを意識。ショルダーバッグは祖母からのおさがりです。〈アニエスベー〉のブーツにマルチカラーの靴下を合わせて、珍しく色に挑戦しました。モデル活動はまだ始めたばかり。オシャレも勉強中です!」

Photo: Itaru Hirama Illustration: STOMACHACHE. Text&Edit: Sakiko Fukuhara

GINZA2018年2月号掲載

関連記事

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント