アナイス・ラファージュ 「セルフコーディネート2018」 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらった

アナイス・ラファージュ 「セルフコーディネート2018」 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらった

素敵な人はみんな、それぞれのおしゃれの哲学を持っている。 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらったら、 好きなものをまっすぐ追う、ファッションの楽しさにあふれていた。


アナイス・ラファージュ セルフコーディネート

One-piece: セリーヌ Sneakers: ナイキ

「自分の好きな物がセレクトされている〈The Broken Arm〉で買い物をすることが多いですね。最近気になるのはラフ・シモンズのデザインする〈カルバン・クライン〉、〈ルメール〉〈アワーレガシー〉。でもフィービー・ファイロの〈セリーヌ〉はエレガントでシックなのにどこかハズしがあり、モダンさを感じます。今日着ているワンピースのプリントもおばあちゃんからのお下がりみたいな懐かしさがあるでしょう?」

アナイス・ラファージュ

パリで人気の北マレ地区にあるセレクトショップ〈The Broken Arm〉のオーナー兼バイヤー。2歳の子どもをもつ働くママンとして多忙な毎日。www.the-broken-arm.com

Photo: Spela Kasal Text&Edit: Noriko Ishizaka

GINZA2018年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)