パウラ・ジェルバーゼ「セルフコーディネート2018」 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらった

パウラ・ジェルバーゼ「セルフコーディネート2018」 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらった

Share it!

素敵な人はみんな、それぞれのおしゃれの哲学を持っている。 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらったら、 好きなものをまっすぐ追う、ファッションの楽しさにあふれていた。


ファッションデザイナー パウラ・ジェルバーゼ セルフコーディネート

Jacket, Skirt: 1205 T-shirt: サンスペル Shoes: ジョンロブ(メンズ)

「今の気分はパンク(笑)。スカートのキルトピンにそのエッセンスを取り入れてみました。こんな時代だからこそ、女の子はもっとタフで自由になっていいと思うの。スタイルとは自立であり個性。誰のためでもなく、自分のためにドレスアップすればいい。私にとってクラフトマンシップやモダンさ、ピュアさの追求は不可欠で、唯一のルールは上質なものを選ぶこと。ずっと長く愛用でき、その分人生や思い出に寄り添うパーソナルなものになるから」

パウラ・ジェルバーゼ

ファッションデザイナー。2010年、〈1205〉をローンチ。2014年より〈ジョンロブ〉のアーティスティック・ディレクターも務める。www.1205.eu   www.johnlobb.com

Photo: Yuichiro Noda Text&Edit: Shiho Amano

GINZA2018年2月号掲載

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント