松尾レミ「セルフコーディネート2018」 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらった

松尾レミ「セルフコーディネート2018」 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらった

素敵な人はみんな、それぞれのおしゃれの哲学を持っている。 スタイルを貫く人に“いま”の気分を見せてもらったら、 好きなものをまっすぐ追う、ファッションの楽しさにあふれていた。


「幼い頃、父親が『レミに似合いそうだから』とたくさん古着を買ってきてくれたんですが、趣味もサイズもどストライクなものばかりで、自然とヴィンテージを好むようになりました。好きな60〜70年代の状態のいいヨーロッパ古着がそろっている名古屋の〈ジ・アザー〉と出会ったことも影響が大きくて、私服も衣装もよくそこで買っています。昔から絵に親しんできたので、絵の具を選ぶように、洋服も自由に色の組み合わせを楽しんでいます」

 

松尾レミ

グリムスパンキー」ヴォーカル・ギター。1月31日に発売の3rdシングル「愚か者たち」が、2月に公開の映画『不能犯』の主題歌に決定。5月には初の日本武道館公演が決定。

Photo: Katsumi Omori Text&Edit: Shoko Matsumoto

GINZA2018年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)