SEARCH GINZA ID

ヘアバンドとアイメイクの着こなしルール 顔まわりのセンス講座Vol.2

ヘアバンドとアイメイクの着こなしルール 顔まわりのセンス講座Vol.2

いちばん目につく、印象に残る。フェイスまわりのバランスは重要課題。今年らしい装いを楽しむには?26個のアイデアでお答えします。


HEADBAND

アイラインで大人の女性を強調

HEADBAND

“you&me”のレタードデザインが愛らしいカチューシャは、幼く転ばないようにまずはヘア&メイクに遊び心を。上瞼にアイラインをしっかりひいて、目力をUP。つける位置はフロント寄り、ヘアのトップはタイト、毛先は動きを出すとグッドバランス。
カチューシャ ¥25,000(ゾイ・シャーウッド | アッシュ・ペー・フランス)/ピアス ¥23,000(ナンバリング | ユナイテッドアローズ 原宿本店)/ワンピース ¥40,000(ラス | エイチ ビューティ&ユース)

 

もったり見せないコツはウェット&タイトヘア

HEADBAND

リゾート感漂うリネン素材のワイドなタイプは、あくまで都会的に、モードに落とし込みたいところ。そこで、ウェットなタイトヘアとハリのある開襟シャツで、クリーンかつシャープに。おでこは出してすっきりと。
カチューシャ ¥23,000(ハウス オブ ラファイエット)、トップ ¥12,000(ジャーナル スタンダード | 共にジャーナル スタンダード 表参道)/ネックレス ¥23,000(ソワリー)

 

明るい色のリップで柄のインパクトに対抗

HEADBAND

それだけで華やかさ満点のレオパード柄の肉厚なカチューシャ。顔がナチュラルすぎるとテンションが合わないので、コーラルオレンジのリップでポイントをつくって。そのぶん、服はデニムブルゾンなどでカジュアルに。
カチューシャ ¥24,000(フラッパー | ショールーム ウノ)/ピアス ¥18,000(アンダーカバー)/デニムブルゾン ¥40,000(オーラリー)/中に着たトップ ¥13,000(ジャメヴ | ハルミ ショールーム)


EYE×EYEBROWS

ボサボサ眉毛と囲み目で70​s

EYE×EYEBROWS

透明マスカラで毛流れを乱した眉毛と、Wラインで強調したアイメイク。70sのエッセンスを再解釈したバランスで、クールな顔を更新。目のきわは黒のラインで引き締め、眼球のくぼみに沿ってパープルのラインを。毒のある可愛さがくせになる。
Tシャツ ¥11,000(スーアンダーカバー | アンダーカバー)

 

白いアイメイクを辛口にシフト

EYE×EYEBROWS

今シーズン注目の白いアイラインは、ちょっと効かせるより、お遊び感覚でポテッと入れたほうが断然、キュート!ホワイトマスカラで睫毛も白くしたら、眉はきりっとかっこよく描いて“甘くない”ホワイトメイクを目指すのが正解。
ピアス ¥8,500(ファーファー | ファーファー ラフォーレ原宿店)/ブラウス ¥54,000(ビューティフルピープル | ビューティフルピープル 青山店)

 

ヴィヴィッドな目元をしっかり主役にする

EYE×EYEBROWS

鮮やかでカラフルなアイメイクも充実の今シーズン。マットなテクスチャーのブルーをチョイスして、眼球のくぼみに線を引くように、まっすぐ大胆に入れると洗練された目元に。下瞼もオレンジラインで遊んで。眉毛は明るい色の眉マスカラなどで、色を抜いてみせるのもおすすめ。
ワンピース ¥177,100(クリスチャン ワイナンツ | ショールーム リンクス)

Photo: Reiko Toyama  Styling: Nobuko Ito Hair&Make-up: Mika Iwata (mod’s hair)  Models: Sarah, Marta Text&Edit: Sayoko Imamura

GINZA2020年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)